2017年08月25日

寝室のベッドの位置

寝室のベッドの位置は南西が最適で、南、西でもかまいません。ただし、壁からは少し離してください。

詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2017年08月24日

家具の形

家具の形は、原則として正方形か長方形であって、丸形や卵形ではいけません。

詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2017年08月21日

「早起きすると人生が逆転する」


ポイントは次の通りです。

・頭がさえているから、企画書などでいいプランが出る
・気持ちが前向きになる
・前夜の酒量が減るから体調は良くなる
・営業の成功率が高い
・出社前に勉強と仕事の段取りをすると、出社した時点で段取りは済んでいるので、全開で仕事をすることができる

皆さんはどう思いますか。







posted by 多聞 望美 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ダイニング・テーブル

ダイニング・テーブルの設置位置は、部屋の南東で、壁につけてはいけません。

家の主人は北か東に向かって、訪問客は西に向かって座ってください。

詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2017年08月19日

部屋の北東側

部屋の北東側はオープンスペースにし、重いものを南西側に置くことが基本です。

したがって、家具も出来る限り、部屋の南西、南、西に置いてください。

やむを得ず家具を北東に置かなければならない場合はどうしたら良いでしょう。

詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2017年08月15日

東大もハーバードも頂点 カギは「朝の光」

東大法学部を首席で卒業し、財務省を経て弁護士になり、ハーバード大学のロースクールを修了した山口真由さん。

彼女のインタビュー記事で何度も出て来たのが「朝の光」。

山口さんは子供の頃、朝の光を感じたら、机を見る癖をつけ勉強に励み、名門の筑波大学付属高校に進学。ここでも朝の光を感じたら、机を見るのを習慣にしたそうです。しかし必ずしもすべて順風満帆ではなく、ハーバード大のロースクールでは、英語で話すのはうまくなく、悔しい思いをしたそうですが、ボストンの朝の光を感じ、自分の部屋の机を見て勉強モードを再燃させたとのこと。


「朝の光」はインド風水でもっとも大切なこと。彼女の住まいは、多かれ少なかれ「朝の光」の恩恵を受けられるインド風水ヴァーストゥの要素があったはずです。

これは果たして偶然なのでしょうか。


posted by 多聞 望美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ごみ置き場

ごみ置き場は、家の入口、特に北東の方位にごみ置き場などがあってはいけません。

詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2017年08月12日

階段の段数

階段の段数は奇数です。

詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2017年08月10日

階段

階段を設置するうえで最も好ましいのは、南西です。南や西でも悪くありません。

詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2017年08月08日

スズキのV字回復

日本では地味なイメージの自動車会社のスズキ。

しかし、前にも書いた通り人口世界第二位の大国インドでのシェアは長年ナンバーワン。

ところが慢心したのか、数年前は労使問題のこじれから業績不振に陥っていました。


その後の業績は不思議なことにV字回復。3年連続前年実績を上回るなどその地位を確固たるものにしています。

経営者の皆さん、力を抜いて楽しみながらインド風水を試してみては?結果の保証なんてできませんが(笑)。



詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記