2015年04月29日

福島第一原発は大丈夫か

今回は原発政策の是非はともかくとして、福島第一原発についての私の危機意識です。

私は福島第一原発が我々庶民の想像以上に大変な状態にあるのではないか、と思っています。
つまり、現在、政府・東電は「メルトダウンした核燃料」の正確な位置は把握できていないことは認めていますが、私の危機意識は次のとおりです。

・実は「メルトダウンした核燃料」は格納容器はおろか最後の砦である鉄筋コンクリート製の原子炉建屋の外に出つつあるのではないか?←「放射性物質」は事故直後の水素爆発によってすでに大量に原子炉建屋の外に放出されており、ここでの問題は、より危険な「メルトダウンした核燃料」。格納容器の内側である圧力容器にはすでにないことは東電の調査でもほぼ明らかになっている。正確な位置がわからないことを政府・東電も認めていることから、その蓋然性は高い
・その「メルトダウンした核燃料」が、程度はともかく、地下水脈と直接接触しつつあるのではないか?
・したがって、再臨界(地底臨界)や・時期・程度はともかくとして、大量の崩壊熱を発生させる「メルトダウンした核燃料」による水蒸気爆発(→新たな大量の放射性物質の放出)の可能性が以前にも増して相当高まってきているのではないか?
・政府・東電は、そうした「メルトダウンした核燃料」を本気で不確定要素も鑑みコントロール(制御)できる見通しを持っていないのではないか?←「本気で」というところが大切。「いやー、誰にもわからないよ。その頃には自分は担当変わってるし」というのが口には出せない本音なのでは
・それを認識しつつも、水蒸気爆発はおろか「メルトダウンした核燃料」の取り扱いを、少なくとも「積極的」にコントロール(制御)できる見通しすら立たないために、そもそも仮定や可能性のことなど答えるつもりのない政府・東電は、当然のように沈黙しているのではないか
・普通の日本国民にはわかりようがない面はあるが、一つのメルクマールが在日米軍の動き
・ 米国政府は、公式やNSAなどの非公式の情報網を用いた客観的な分析ができる唯一のエンティティー。福島の事故直後の日本国民にはメルトダウンが事実上伏せられていた時期に米国政府はその事実を認識し、それに呼応し、在日米軍では福島原発事故の時も退避の動きがあった
・金科玉条のごとく「無用の混乱を招かない」などとして情報を伏せる政府・東電の体質は基本的に変わっていないので、普通の国民は「自分の身は自分で守る」姿勢がより一層大切

もちろん、そうならないことを祈っています。つまらない駄文をお許しください。
posted by 多聞 望美 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年04月22日

ネット上の情報について

私はインド風水ヴァーストゥが日本で知られていなかった2008年から本格的に活動を始めました。

最近、私が日本で事実上初めて発信した情報が、色々なところで引用されていることはとても嬉しいことです。

例えば、ウィキペディアで「ヴァーストゥ・シャストラ」または「インド風水」と検索すると、そこの情報の8割以上は私の著書やブログからの引用あるいは孫引用です。どなたかが投稿されたのでしょう。

また、日本のHP、ブログなどでも私の著書やブログからの引用が非常に多数見受けられます。2008年以降に世の中でアップされたインド風水ヴァーストゥに関する情報の引用元はかなりの確率で私です。私の2008年からのブログの日付を確認されれば一目瞭然です。

引用元である私の著書やブログを表記していただくとちょっと嬉しいのですが。
posted by 多聞 望美 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月10日

世界初

私はインド風水ヴァーストゥの専門家として、実質的に日本初、かつ第一人者だと、自負していますが、よく考えてみたら私は「世界初」でもあることに気がつきました。さて、何のことでしょう。

ご存じの通り、私は7年も前の2008年からブログや書籍などで、インド風水ヴァーストゥを紹介し、その中で重要な原則である朝の日光を取り入れることや北東、北、東に向かって休息、食事、精神統一、学習、排泄することが心身の両面で効果があることをきちんとした根拠に基づいて科学的に関連づけてきました。

いろいろ調べてみましたが、これは2008年当時、世界で唯一、すなわち、世界初。そして、2015年2月現在も未だに世界で私一人なのです。もしよかったら皆さんも調べてみては。

インド風水ヴァーストゥの詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月03日

ジハディ・ジョン

邦人人質事件は、最悪の結果となってしまいました。心からご両名のご冥福をお祈りします。

邦人2人を殺害したとされる黒装束の男は、これまで英米人を斬首してきた、通称「ジハーディ(聖戦戦士)・ジョン」と呼ばれる英国人と言われています。

今後、米国は、その威信をかけて「ジハディ・ジョン」を生々しいですが殺害あるいは拘束するでしょう(殺害の方が現実的でしょう)。

すでに潜伏先は概ね特定しているのでしょう。電子的痕跡や映像、衛星や無人偵察機などから高度な専用解析ソフトウェアとスパコンなど使えば難しいことではありません。

しかし、犯人の「殺害後」が問題です。拘束されている人質は他にも沢山いるのです。しかも犯行グループはいくつもあります。犯人の殺害に反発したり、次は自分かという恐怖心から人質に対して「最終処分」することも考えられます。

そもそも、米国は決して一枚岩ではない「イスラム国」と当面どう向き合い、最終的な落とし所をどうするのかという本質的な対処方針を決め、実行に移さなければなければいけません。

ところが、今、この点について、オバマ政権と軍部などに深刻な対立があります。

軍部などの安全保障コミュニティーは積極策にでないオバマ政権を優柔不断と見て相当不満を持っているようです。「タイミングを計って集中的にリソースを投入しなければいけないのに、ズルズル決められない。何もわかっちゃいない。この大統領のもとでは米国の外交・安全保障は危機にさらされる」ということなのです。

気がつくと大統領選挙は来年です。安全保障コミュニティーは、内々にすでにオバマ政権に見切りをつけて、早く誰でもいいから共和党の大統領の就任を待望する空気が強いとか。

米国にとって、「無人機を使って遠隔操作で簡単に犯人を殺害」というわけにはいかない、というのが今回の邦人人質事件の現状です。

「事実は小説よりも奇なり」とも言います。今、もっと恐ろしいことが米国政府内で進行中かもしれませんね。

いずれにしてもおぞましい世界です。
posted by 多聞 望美 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

日中関係

尖閣諸島めぐって緊張状態にある日中関係。仮に不幸にも偶発的に戦闘状態になったらどうなるでしょうか。

巷には勇ましいものも含めていろいろなシミレーションがありますが、いずれにしても戦闘は短期間で終わるというのが私の考えです。

その理由は、長期の戦闘を嫌がる米国の介入と米軍なしでは継戦が難しい自衛隊の能力です。

米中の政治経済関係は私たち日本の庶民が思っている以上に緊密です。わかりやすい例で言うとiPhoneの製造は中国本土で行われています。東シナ海での長期の戦闘を嫌がるのは当然といえます(日本の産業界然りですが)。

また、現在の自衛隊は、事実上、その米軍と一体的に指揮運用されています。米軍の協力なしでは自衛隊の能力は半分どころか何分の一にも減じてしまいます。特に情報関係の協力は死活問題です。

対中関係とナショナリズムを巧みに政治的に利用する安倍首相が一番そのことをわかっていることでしょう。
posted by 多聞 望美 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月01日

安倍首相とインド風水ヴァーストゥ

安倍首相が、最近の外遊の連続や人質事件の対応などで、最近、とてもやつれて見えるのは私だけでしょうか。
とにかく、我が国のリーダーですから、最適な判断ができるよう頑張ってほしいものです。

ところで安倍首相の仕事場である首相官邸の立地・敷地と執務室の間取りは、インド風水ヴァーストゥの観点からはどうでしょうか。

まず、立地・敷地。
首相官邸の敷地の標高は北東側が高く南東側が低くなっている南斜面、敷地の形は、南東側が若干欠けている長方形です。南斜面には日本庭園、北東側には池を含む大きく開けた空間があり、首相が出入りする門は、この方位にあります。

次に、官邸の間取りです。玄関は東側で、よくテレビで出てくる首相が官邸入りするのがここになります。色々調べると、玄関から入った首相は、エレベータに乗り、執務室のある5階に上がるそうです。官邸は、口の字のような形になっていて、5階部分の中心には石庭があるそうです。
首相の執務室は、この5階の南東側に位置し、窓は南に位置している、と言われています。また、公表された廊下の位置から、執務室への導線は、北→西→書斎執務室で、ドアは西になるようです。

さて、これらをインド風水ヴァーストゥに当てはめてみます。

まずは良いところをいくつか。
ポジティブなエネルギーが入ってくる敷地の形、北東側の池を含む開けた空間と門、東側の玄関、石庭、執務室の西側のドアなどはとても良いです。

他方、良くないことも多いのも事実です。
インド風水ヴァーストゥで、ネガティブなエネルギーが入ってくる執務室の位置、窓、南斜面の見通しの良い庭園などが良くありません。

では、仮に安倍首相が、インド風水ヴァーストゥを心から信じていて、敷地はともかく、間取りだけでも変えようとしたらどうでしょう。

残念ながら、今からではなかなか難しい、といえるでしょう。部屋を移動するとなるとそれなりにお金がかかり、野党の格好の追及材料になるだけだからです。レベルの低い話ですが、政界とはそういうものです。

それでは、安倍首相は何もできないのでしょうか。

そんなことはありません。
まず、執務室の机の位置を、首相が北東、北、東のいずれかに向けるよう配置します。南西がベストでしょう。インド風水ヴァーストゥでは、そうすれば集中力が維持出来ると言われでいるからです。また、 欲を言えば、部屋の形をピラミッド状にするとより効果が高まるといわれています。
さらに、官僚から説明(レク)を受けるときや、面談の時の位置は、北東、北、東を向くのも良いでしょう。これも、集中力が高まるとされていますから。

安倍首相とインドのモディ首相はウマの合う友人だそうです。モディ首相は、困難な状況にある安倍首相にインド風水ヴァーストゥを伝授してもいいかもしれませんね。私がお教えしてもいいですが。

image.jpg

http://vaastu.sblo.jp/article/103057436.html
posted by 多聞 望美 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月06日

経済の停滞

2015年に私たちはどう臨んだら良いでしょうか。

まず、経済の停滞に備えることです。

いわゆる「アベノミクス」政策が意図する効果が現れてもそれは2015年ではありません。
経済成長のための主な要因としては、@生産性、A資本、B労働の3つがまず挙げられますが、いずれも明るい見通しは少ないからです。国際比較をするとなると絶望的な気持ちになります。

また、「アベノミクス」の財政金融政策は麻薬のようなもので、足腰の強い経済成長には繋がらないでしょう。むしろ、今後、財政赤字がボディーブローのように効いて、日本経済を蝕んでいくでしょう。

特に総選挙の後はそういうものです。
posted by 多聞 望美 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月01日

明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

皆さん初日の出はご覧になられましたか。

ポジティブなエネルギーの代表である朝の太陽光はヒトの生活のリズムを整えます。私たちの習慣でわかりやすい例は、「初日の出」でしょう。

私たちは元旦の初日の出で一年間をポジティブに暮らしていく誓いを立て、結果としてリズムを整えるわけです。

これを毎日行ったらどんなにネガティブな人でもかなりポジティブになるのではないでしょうか。毎日気持ちを新たにがんばっていこう、と朝の太陽光とともに考えれば成功への確率は格段に上がるのではないでしょうか。

世俗に住む私たちにとっては、直接、「金運」や「恋愛運」が良くなる風水より、「健全な心身」になる風水の方が現実的ではないでしょうか。

今年もインド風水ヴァーストゥの第一人者として、中立にインド風水ヴァーストゥを紹介していきます。詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月31日

2千万円が確実に手に入る宝くじ

年末ジャンボ宝くじは当選しましたか。一等=5億円とはいわないまでも、3等=100万円くらいは当たりましたか。当たらなかったでしょう。何度やっても同じことです。もういい加減やめましょう。

ところで2千万円が確実に手に入る宝くじをお教えしましょう。といっても宝くじの運営に関与する団体の財務省や総務省からの天下り役員の報酬のことです。倒産のリスクは全くありませんし、仕事は楽です。実務はプロパーや銀行や大手広告代理店からのOBや出向者に任せ、なんだかわからない「情報収集」に勤しめばいいだけのことです。

彼らの2千万円ともいわれる役員報酬の源泉は宝くじ券を買うために庶民の財布から出るお金です。もちろんばかばかしくて買う気はないでしょうが、宝くじを買ってはいけないことになっています。払い戻し率は、50%程度で全く割りに合わないのですから。ちなみにギャンブルも同じ構図です。

インド風水ヴァーストゥでは、そういったものはお勧めしません。当たり前のことです。

インド風水ヴァーストゥの詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

初日の出を拝んでみましょう

目覚まし時計はきちんとセットしましたか。初日の出を拝んみましょう。

インド風水ヴァーストゥの第一歩です。一年をリセットしましょう。

インド風水ヴァーストゥの詳細は、Amazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月30日

2015年にまず実行すること

初日の出を拝んでみましょう。

インド風水ヴァーストゥの原則で、毎日、朝日を浴びて1日をリセットするのと同じです。

インド風水ヴァーストゥの詳細は、Amazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月10日

2015年のインド風水ヴァーストゥ (3)

ただし、インド風水ヴァーストゥの原則で、毎日、朝日を浴びて1日をリセットするように、1年をリセットする意味で初日の出を拝んでみてはいかがでしょう。古今東西、老若男女、宗教の如何を問わず、ご賛同いただける方は多いのではないでしょうか。

皆さんは2015年も、ぶれることなくこれまで通りのインド風水ヴァーストゥを実践するだけでいいのです。

インド風水ヴァーストゥの詳細は、Amazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月09日

2015年のインド風水ヴァーストゥ (2)

インド風水ヴァーストゥのメリットも新しい年になっても変わりません。

つまり、インド風水ヴァーストゥのメリットには、
@ 思考がクリアでクリエイティブになる
A 問題処理能力と意思決定能力が高まる
B 健康と幸福感が高まる
C 一日を通じて感覚がリフレッシュしている
D 心地良い休息と快眠が得られる
E 活力が高まる
F 精神的な安定が得られる
といったものがあります。原則と同じく年が改まったからといってこれらに変化はありません。

インド風水ヴァーストゥの詳細は、Amazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月08日

2015年のインド風水ヴァーストゥ (1)

師走に入り、2015年はもう間もなくとなりましたね。

ところで、インド風水ヴァーストゥでは、年が改まるからといって特別なことは必要はありません。

数千年の歴史があるインド風水ヴァーストゥの原則は、年が変わったからといって何かが変わるといったそんなやわなものではないのです。

インド風水ヴァーストゥの詳細は、Amazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月30日

宝くじなどの必勝法をお教えします

年末ジャンボ宝くじが発売中です。大儲けのチャンスです。今すぐ売り場に急ぎましょう。

というのは全くの嘘です。大儲けなんてできるわけがありません。

でもどうしてでしょう。

ではまず、皆さんのこれまでの宝くじなどの成績をエクセルに入力して統計化してみましょう。付随する交通や新聞雑誌にかかるコストも必須です。どうでしょう。おそらく利益が全く上がっていないことがわかるでしょう。

当たり前です。どんな風水やおまじないをしても結局は最初から決まっている実効還元率に収斂します。総務省の「宝くじ活性化検討会」なる審議会に出された総務省自治財政局の資料によると、宝くじは45.7 %、地方競馬、競艇、競輪、オートレースなどの公営ギャンブルが58.5 %、サッカーくじが49.6 %です。購入回数を重ねれば重ねるほどその実効還元率に収斂するわけです。

この実効還元率について、半分は還ってくるので決して悪くはない、あるいは、自分だけは絶対に当たる、という方もいるかもしれません。しかし、特に宝くじについては、一等の確率は約1千万分の1です。ほぼ間違いなく当たらない=やればやるほど赤字、といったレベルです。これまでたまたま比較的確率の高い4等=50,000円に当選した人で今までのところ黒字になっているという方も含めて、悪いことは言いませんから今すぐやめましょう。

つまり、宝くじなどの必勝法は「買わないこと」です。「金運」の定義にもよりますが、宝くじなどをしない方が、金運は高まります。直接の収支だけでなく、付随する交通や新聞雑誌にかかるコストや限りある人生の貴重な時間がセーブ出来るからです。

インド風水ヴァーストゥでは、宝くじなどは決して推奨しません。逆にわかっていてもついつい手を出してしまう宝くじなどに決して手を出さない、という意識を育てるものなのです。

繰り返します。宝くじなどの必勝法は「買わないこと」です。

インド風水ヴァーストゥの詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。

(参照)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000131893.pdf
posted by 多聞 望美 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月14日

台風一過

関東地方は台風一過。青空に浮かぶ月も気持ちよさそう(見えにくいですが写真の下の白い点)。

image.jpg
posted by 多聞 望美 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月10日

ノーベル医学生理学賞

日本では、ノーベル物理学賞に日本人3氏が授与されることが大きく取り上げられています。

しかし、私がより興味を持ったのは、医学生理学賞です。

受賞者は米国生まれの英神経科学者、ジョン・オキーフ氏と、ノルウェーのマイブリット・モーザー、エドバルド・モーザー夫妻でした。

3氏は、脳内で自分がいる位置や移動先を認識するのに使われる細胞を発見しました。この細胞はGPS(全地球測位システム)のように、自分が今どこにいるのか、どこへ向かっているのかを把握し、記憶に残す機能を持つのだそうです。

実験にはラットの脳を使いましたが、人間の脳にも同様の細胞があることはすでに判明しているそうです。

このように、人間の機能にはまだまだわかっていないことがたくさんあり、最近、解明され始めたものばかりです。

一部のインド風水ヴァーストゥの原則にも、脳科学などの観点からその有効性が期待されるものもわかってきいますが、正しいか否かも含めて、わかっていないことの方が大多数です。

インド風水ヴァーストゥの原則どおり頭を南に向けて寝たら特定の脳の細胞が作用して気持ちよく眠れる、といったことが発見され、ノーベル賞何てことがあるかもしれませんね。今後の研究が期待されます。


posted by 多聞 望美 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月15日

交渉巧者

インドのモディ首相が帰国し、2週間が経ちました。

最大級のおもてなしをした日本政府の思惑としては、経済も含めた安全保障の観点で中国に対抗してインドを取り込もう、ということなのでしょう。

それはそうなのでしょうが、そう甘くもありません。現実には思いどうりになったりならなかったりの連続になるでしょう(日本側も保険に毛が生えた程度という認識が多数でしょうが)。

インドにも複雑な事情がありますし、なにより老獪な交渉巧者ですから。論より証拠、対印関係は非常に重要だ、と言われてからもう何年(何十年)経っています。

外交もバランスです。それは今現在のバランスだけでなく、時間的なバランスも重要です。結局、外交の世界もインド風水ヴァーストゥと変わらないのです。

image.jpg


インド風水ヴァーストゥの新しい書籍をAmazonから出版しました。全く知らない方向けの「はじめてのインド風水ヴァーストゥ」と、より詳しく知りたい方向けの「インド風水ヴァーストゥ〜欧米で秘かに広がる最古の風水〜」です。
posted by 多聞 望美 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月12日

新しい書籍

インド風水ヴァーストゥの新しい書籍をAmazonから出版しました。
一冊目は「はじめてのインド風水ヴァーストゥ」。インド風水ヴァーストゥに関心はあっても、なかなか時間が取れない方が20分程度で理解できる内容です。
もう一冊は「インド風水ヴァーストゥ〜欧米で秘かに広がる最古の風水〜」で、より詳しく知りたい方向けの内容です。
posted by 多聞 望美 at 12:28| 日記

2014年03月01日

Facebook

Facebookを立ち上げました。ぜひ、こちらを立ち寄ってみてください。



 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。
posted by 多聞 望美 at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記