2017年11月18日

2018年についての予言 〜中国、韓国への不要不急の旅行は避けた方が〜

先日、トランプ大統領の来日初日の動きを予言しましたがだいたい当たっていたようですね。
この勢いでインド風水の感性に基づいて2018年の大胆に東アジア情勢について予言してみます。

結論から。
「2018年は中国、韓国への不要不急の旅行は避けた方が得策。日本本土は比較的安全ですがいざという時の心の準備はしておいた方がいい。」です。

なぜでしょう。
インド風水で最も大切な方位は北東。大切にすれば良い影響が、軽んじれば悪い影響が現れるとされています。
中国、韓国、北朝鮮から見て日本は北東。つまり、大切にすれば良い影響が、軽んじれば悪い影響が現れる方位。近年、この3国と日本との関係は険悪ですが残念ながらその悪い影響はほぼ一方的に彼らにあらわれるでしょう。(どちらが悪かったかは置いておいて)元寇でも文禄・慶長の役でも日清戦争や日中戦争でも、被害は彼らの方が甚大だったことを思い起こしてください。

現世的な理由としては、日本の同盟国・米国は北朝鮮のような「ならず者国家」が米本土に届く核ミサイルを保有することを決して看過しません。安全保障で米国は決して妥協しないのです。この意思は非常に強固です。他方、北朝鮮も体制の維持のためには核ミサイルの放棄はできないでしょう。つまり、堂々巡り。

ただし、中国やロシアが間に入ってウルトラCの妥協が成立すれば話は別です。例えば、ロシアが北朝鮮の核ミサイルを「管理」し、そのかわり北朝鮮の体制の維持を保証しつつ日本を含む関係国から多額の援助を引き出すというもの。つまり戦争による損害に比べたらましでしょう、という論法。問題を先送りするだけでまるで90年代のKEDOを彷彿させその実効性は甚だ疑問ですが。
中露の「調停」がうまくいかなかったら、東アジアで何らかの物理的な事象が起こりそうです。おそらく春ごろからさわがしくなってくるでしょう。

ちなみに日米関係も見てみましょう。米国は日本から見て北東です。インド風水的には最重要な方位。つまり日本は米国と仲良くすればなんだかんだ言って明治時代や(対米追随外交と言われようが)戦後のように上手いきます。他方、逆に仲が悪くなれば先の大戦のような惨禍に見舞われるとの解釈ができます。
それでは、米国から見るとどうでしょうか。米国からは日本は北西。かいつまんでいうとインド風水的には可もなく不可もありません。もちろんそれなりに大切では重要でしょうが日本のように死活問題と言うほどではないでしょう(ちなみに米国にとって北東は欧州。特に英国)。
現世的にもそんなもの。米国にとって日米関係は米欧関係、特に米英関係ほどは重要ではないのです。


詳細は私の書籍でご確認ください。

posted by 多聞 望美 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月17日

アジア「富豪一族」ランキング、サムスン一族が首位から陥落



アムバニ一族の資産は昨年190億でしたが、運営するインド最大のコングロマリット、リライアンス・インダストリーズの株価急騰により一気に資産額を伸ばしました。




(参考)

インド風水は強力です。アジア一の大富豪アンバニ氏だけではありません。世界一の大富豪ビル・ゲイツ氏も超強運の安倍首相、インドで圧倒的なシェアを確保しトヨタなど歯牙にも掛けないSUZUKIも実践しています。

インド風水の良いところはみんなに勧めると、その良い効果が自分に返ってくることです。

もう嫌日の中国・韓国風水の時代ではありません。早いところインド風水に鞍替えしましょう。早ければ早いほうがいいですよ。信じる信じないは自由ですが。

詳細は私の書籍でご確認ください。

posted by 多聞 望美 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月11日

リコーもインド風水をやってればよかったのに



ダメもとでもインド風水をやっていればよかったのにと私は思うのです。だって「豪に入れば郷に従え」ですもん。

もっとも私はインド風水にはもっと別の「何か」があると思っていますが。



詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月10日

Boston Globeの記事


この記事によると、インド風水ヴァーストゥを信じる人が増えているボストンでは、インド風水でもっとも重要な方位である北東向きの土地の需要が急激に増えているんだとか。

Sunlight streams into the kitchen and dining room in the home of Arathi and Ashish Cowlagi in Shrewsbury. The home features an open floor plan with few cut corners and walls.

詳細は私の書籍でご確認ください。


posted by 多聞 望美 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月07日

世界的に有名な建築デザインのウェブマガジンでも

世界的に有名な建築デザインのウェブマガジンである「Dezeen」にインド風水に則った住宅が掲載されています。

カナダのバンクーバー近郊に建てられたこの住宅は「Hunter Office Architecture」によって設計されました。この日本でも「知る人ぞ知る」という英国発のウェブマガジンでは美しい動画や写真が掲載されていますので一見の価値ありですよ。


なお、日本特集もありますので興味があればそちらも覗いてみてはいかがでしょうか。



posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月04日

トランプ大統領来日に関する「予言」

明日(11月5日)、アメリカのトランプ大統領が来日されます。

そこで日米の警備当局に怒られそうな大統領の初日の行動に関する「予言」をしてみたいと思います(インド風水の感性に基づく「予言」なので怒らないで下さい)。

ハワイを出発した大統領の飛行ルートは、房総半島→相模湾→茅ヶ崎市→藤沢市→綾瀬市→海老名市→座間市→相模原市→町田市→八王子市→日野市→八王子市→昭島市→福生市→横田基地という南から進入するルートです。

この間大統領は綾瀬市上空で(右手に見える)米海軍厚木飛行場と(右手奥に見える)横須賀基地、座間市上空で(真下で見えない)米陸軍キャンプ座間、相模原市上空で(同じく真下で見えない)米陸軍相模原総合補給廠の説明を軍からホワイトハウスに出向している側近から受け、在日米軍の重要性を改めて認識させられることになるでしょう。

午前10時ごろ横田基地に到着後は米軍兵士(4軍)と自衛官(主に航空自衛官)を前に演説をし、日米の結束(とくに軍事的な)を演出することになります。

そのあとは大統領専用ヘリで埼玉県のゴルフ場に向かい安部首相とのゴルフを楽しみます。そしてそれが終わると再び大統領専用ヘリで東京に向かうことになります。

東京には赤坂プレスセンターのヘリポートに午後5時ごろ着陸します。六本木ヒルズのそばですね。そこから内幸町の帝国ホテルに直行します。

ちなみにトランプ大統領は中国風水にかなり凝っているんだとか。

この「予言」、当たるかな。
posted by 多聞 望美 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月30日

安部首相やビル・ゲイツの強運はインド風水によるものとしか説明できない(かも)


その首相の「強運」は実はインド風水から来ていることを多くの人はご存知ないようです。

現在の安倍氏の自宅の完成からの強運ぶりはインド風水でしか説明できないのです。単なる偶然といったレベルではないのです。その意味ではたまたまインド風水に基づくオフィスに移って最終的には世界一の大富豪となったマイクロソフトのビル・ゲイツ氏に似ていますね。そんな単なる偶然で普通の富豪はともかく世界一の大富豪になれるわけないのです。

皆さんは今すぐインド風水を始めましょう。つまり安倍首相やビル・ゲイツ氏のようにインド風水という「タネ」を仕込んでおくのです。

そして自分がやるだけでなく人に紹介してその人を幸せにすればそれがもっともっと大きくなって自分に返ってくるのです。
posted by 多聞 望美 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

欧米での広がり

米国ヴァージニア州リッチモンドのローカルテレビ局でインド風水が紹介されています。

一見現代風でも中身はインド風水に基づいた住宅が首都ワシントンがら車で2時間弱の普通の小さな町に建てられたというもの。

欧米では着実にインド風水が定着して来ています。日本でもヨガのように広がるのは時間の問題でしょう。

posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月28日

北朝鮮情勢

緊迫する北朝鮮情勢。一部のマスコミでは、北朝鮮に米軍が年内にも攻撃を仕掛けるかのような記事も出始めています。

少なくとも年内にそんなことにはならないでしょう。

インド風水を実践する私からの予言です。
posted by 多聞 望美 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月23日

インド風水のおかげで総選挙に勝利?


安部氏を支持するか否かはともかくインド風水の影響があったのは間違いないと思いたいです。

ちなみに2015年のブログに「首相官邸の間取りはインド風水的に改善の余地あり」という旨のことを書いてあるじゃないか、というご批判を受けそうです。それはそうですが、まず、首相の仕事場は官邸ですが住まいは公邸です。それに普段は車で15分ほどの渋谷区の自宅から通っているのでインド風水の影響はインド風水の法則にそった自宅から受けるものなのです。

ご興味があればコンサルテーションを受け付けます(info@vaastu.jp)。

posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月16日

インド風水で強運の長期政権

総選挙の投開票まで一週間をきりました。私の予想はズバリ安部首相の強運の大勝利。



スキャンダルや小池旋風などで厳しい状況だった安部首相が大逆転で総選挙に勝ったら、インド風水ヴァーストゥの不思議なパワーが発揮されたと宣伝してもいいですよね。皆さん。

どちらにしても注目です。

posted by 多聞 望美 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月15日

ノーベル賞とインド風水ヴァーストゥ

日系英国人のカズオ・イシグロ氏の文学賞受賞で盛り上がった今年のノーベル賞。

実はインド風水ヴァーストゥも関係しています。

それはノーベル医学生理学賞。今年は、米国のジェフリー・ホール、マイケル・ロスバッシュ、マイケル・ヤングの3氏に贈られることになりましたが、業績は「概日リズムをつかさどる分子的な仕組みの解明」。つまり、睡眠などに関わる約1日周期の体内時計の仕組みを明らかにしたというのです。



いわば「インド風水ヴァーストゥにノーベル医学生理学賞が与えられた」と言っても過言ではないような気がします(ちょっと大げさですね)。

posted by 多聞 望美 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月02日

ナマステインディア 3

インドでも急激に減っているオートリキシャも展示してありました。

安くて便利なんですけど。

IMG_6019.JPG
posted by 多聞 望美 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月27日

総選挙に勝利する

posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月24日

ナマステインディア 1

代々木公園で開かれているインドのイベント「ナマステインディア」に遊びに行ってきました。

公園はカレーの匂いで満ちていました。


IMG_6016.JPG
AE1891EB-6892-46F8-B535-620B9C23B376.jpeg
posted by 多聞 望美 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月17日

日本のインド東北部への投資はインド風水的でもある?



実は日本の外務省や経済産業省が知っているかどうかは知りませんが(知らないでしょうが)、これはとてもインド風水的なのです。


詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月10日

日印首脳会談とインド風水

安倍総理が今週、インドを訪問し、「盟友」であるモディ首相と会談します。

今回の訪問では、北朝鮮や中国などの北東アジア情勢のほか、導入が決まっている新幹線などインフラ整備などについて話し合われるそうです。


もしかしたら首脳会議でインド風水談義が交わされるかもしれませんね。ちなみに安倍首相の自宅はこんなところ
posted by 多聞 望美 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記