2018年02月22日

仏教とインド風水は切ってもきれない関係

ヒンドゥー教の「建築部門」であるインド風水と我々日本人が接する「仏教」は切ってもきれない関係です。

どういうことでしょう。それを知るためには仏教の歴史を紐解く必要があります。

仏教の「開祖」ブッダはヒンドゥー教の前身とも言えるバラモン教の世界観の中で生まれ育ちました(実際に彼はバラモン教の修行をしています)。

彼はそうした環境で彼の「理法」を説いたわけです。「理法」を説く対象はバラモン教徒ですのでバラモン教を前提に彼らに受け入れやすくかつわかりやすくしなければなりません。したがって彼はバラモン教全体を否定も肯定もせず、ただ、バラモン教の絶対的な権威を認めないということで彼の「理法」を説いたのです。

もっともブッダ自身は「仏教」を興したという意識はほとんどなかったのではないかというのが一般的です。したがって、空気のように当たり前にあるバラモン教全体を否定も肯定もする必要はなく、また、自然な流れとして彼の説く「理法」は、バラモン・ヒンドゥー教の影響を少なからず受けたのです。

このようにして、ヒンドゥー教の「建築部門」であるインド風水と我々日本人が接する「仏教」がつながるわけです。

そもそも我々が接する「仏教」諸派の教えはブッダを直接は知らない後世の「仏教徒」がブッダが説いた「理法」の伝承を解釈したものです。ブッダ自身は「仏典」の編纂に一切関わっていません。自身をかたどった仏像などの偶像を拝めとも言っていません。

さて、「仏教」もその理由は諸説ありますが衰退の時期を迎えます。バラモン教の後継であるヒンドゥー教が巻き返してきたのです。そこで仏教はヒンドゥー教の要素を取り込むことで対抗しました。仏教の密教化です。仏像はこの過程でインド風水とオーバーラップするヒンドゥー教の神々などを取り入れたものです。禅宗もヒンドゥー教の要素を取り込んだものです。

しかし結果的には、密教化も禅宗もヒンドゥー教の隆盛の前にインド仏教の衰退を防げませんでした。

一方、バラモン・ヒンドゥー教と深い縁のある「仏教」はインドからはるかかなたの極東の島国日本で盛んになります。そして今、ヒンドゥー教の「建築部門」であるインド風水ヴァーストゥと日本で再会しています。感動的ですらありますね。



詳細は私の書籍でご確認ください。

posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月18日

ヒューストン・クロニクル紙

米国の南アジアからの移民二世も両親の伝統にしたがってインド風水を実践している。こんな記事がヒューストン・クロニクル紙に掲載されています。

インド系移民の成功の理由はこんなところにもあるのかもしれません。



詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第二次朝鮮戦争

オリンピック・パラリンピック後はしばらくは絶対に韓国・中国旅行は控えてください。日本への海外からの旅行者も激減する可能性がありますので、関連業界はそれに今から備え、不要不急の投資は避けたほうが無難でしょう。株式投資なども控えましょう。理由は次の通りです。



平昌オリンピックに合わせて北朝鮮の「微笑外交」が続いています。

しかし、この本質は北朝鮮の核ミサイル開発のための時間稼ぎ以外の何物でもありません。

一般の日本人や韓国人は北朝鮮の各ミサイル開発の完成をあまり深刻に受け止めていませんが、米国の安全保障コミュニティーにとって北朝鮮の核ミサイルは米国に届く能力を備える前に全面戦争のリスクをかけてまで排除しなければならない極めて深刻な問題です。

なので米国のトランプ大統領には、安全保障チームからいくつかの排除のシナリオがすでに提示され、あとは大統領の決断を持っている状態かもしれません。しかもそれ明確な期限を切って。

日本については、すでにホワイトハウスから直接、首相官邸のごく限られた人物だけに本気で攻撃を辞さない決意がニュアンスはともかく伝えられているかもしれませんよ。例えば2月7日にペンス副大統領から安倍総理に(谷内さんも同席して)。

韓国はどうでしょう。北朝鮮の報復攻撃に発展すれば、当然、首都ソウルはじめ甚大な被害を受ける可能性が高いので、韓国のムン大統領は米軍の先制攻撃に断固反対するでしょう。しかし、韓国の大統領は、最終的にトランプ大統領に恫喝されて実質的な先制攻撃を飲まざるを得なくなるでしょう。

さて、トランプ大統領に安全保障チームが最も推奨する前述のシナリオには、噂になっている全面戦争でも限定爆撃でもないシナリオがあるかもしれません。

その推奨のシナリオとは、内通者を使った北朝鮮執行部の排除かもしれません。同時進行で朝鮮人民軍の「反乱」も発生させるのかもしれません。

もちろん全て米国が裏で糸を引くもので、「反乱」の方は平壌からも軍事境界線からも離れた地域で発生させ、あくまで北朝鮮内部のことと装います。そうすれば北朝鮮から韓国への攻撃の可能性は低くなるというわけです(今、米国政府内の韓国系米国人のネットワークがフル稼働しているかもしれません)。その場合、「戦後」のこともあるので中国やロシアの「消極的な」サポートもあるかもしれません。

ただし、米国のシナリオ通りいくかは別の話です。なので米軍は軍事的にあらゆるシナリオに備えているでしょう。大規模な戦闘や自暴自棄になった北朝鮮による核兵器の使用という最悪のシナリオも。。。

当然、日本を含む同盟国の決意も試されますが安倍政権は対米追従なので全体としては信用され、手厚く米国は防衛するでしょう。

一方、韓国の政権は全くと言っていいほど信用されておらず、日本より遥かに戦闘の被害を受ける可能性があるにも関わらず、米国は韓国の防衛を一応は約束するものの核関連施設とミサイル施設の破壊を最優先させるため、米軍は日本に対してほど手厚くは防衛しないかもしれません。少なくとも米陸軍や米海兵隊などの地上軍が本国から大動員されて韓国軍よりも全面に出て戦うことないかもしれません。「自分の国は自分で守れ」とね。

本当の意味で米国本土を射程に収めた北朝鮮の核ミサイルが実戦配備される前で、米国が韓国や日本などの同盟国にそれなりの仁義を切った時が戦闘開始のタイミングです。

本格的な北朝鮮攻撃のサインは、横須賀に停泊中の原子力空母「レーガン」の例年4月下旬の定期修理の終了が早まることです。

また、英国が戦争を容認する報道があればそれも北朝鮮攻撃のサインです。米国の外交の世界では英国は特別の重みがあるからです。

岩国基地、嘉手納基地や三沢基地の役割は重要です。北朝鮮を直接攻撃できる距離にある岩国基地には空母航空団の固定翼機の大部分が厚木基地から移駐していますので、空母「レーガン」の稼働状況にかかわらず、作戦が可能となります。米本土から空母と空母航空団が来援に来ることは頼もしいのですが、日本は米軍にとってそもそも「不沈空母」ですし、狭くて行動が制約される日本海に空母を何隻も投入するような馬鹿なことは米海軍は決してしないような気がします。

自衛隊は米軍の具体的な作戦について知らされていないでしょうが、米軍の本気度は日常的に肌で感じていますから、幹部レベルで「今回はアメさんは本気だぞ」という共通認識があるかもしれません。「いつ何があってもおかしくないから準備しておけよ」という内々の指示も出しているかもしれません。特に北朝鮮のコマンド対応をする第一空挺団では、兒玉陸将補はじめ緊張の日が続くでしょう。先日わざわざペンス副大統領が視察したPAC3の全国各地の部隊の警戒も一層高まっていくかもしれません。海上自衛隊のイージス艦も然りです。

官邸からは関係省庁に有事に備えてこれまで以上により具体的な対応策を準備するように指示がなされています。例えば、法務省だったら大量の難民、経産省だったら韓国の戦争被害によるサプライチェーンの経済的影響や原子力発電所の防護などです。

したがって、前からこのブログで書いている通り、オリンピック・パラリンピック後はしばらくは絶対に韓国・中国旅行は控えてください。日本への海外からの旅行者も激減する可能性がありますので、関連業界はそれに今から備え、不要不急の投資は避けたほうが無難でしょう。株式投資なども控えましょう。

「戦後」の朝鮮半島は中国の影響力が強まり政情不安になるでしょう。中国人にとって朝鮮半島は覇権の範囲内だからです。少なくとも米国・韓国主導の統一によって北半分までも座して覇権を失うことはあり得ないはずです。

そうです。日本史の教科書に出てきたビゴーの「魚釣り遊び」の世界です。ただし、「魚(朝鮮)を釣り上げようとする日本と中国(清)、横どりをたくらむロシア」の『日本』が『米国』に変わるだけです。


ところで朝鮮半島情勢で米国のペンス副大統領が重要なステークホルダーに浮上してきました。歴代の副大統領には重要な政策決定には関わら(れ)ない人物も多かったのですが、どうやらペンス氏はそうではないようで、官邸・外務省もそれを前提に対米関係を再構築しています。

あとは北朝鮮の捨て身の核・生化学カミカゼ攻撃が起きないことを祈るのみです。



詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月06日

インドの名門大学が「8,000年前の建築思想」をカリキュラムとして導入

WIRED誌の電子版に掲載された記事を再掲してみます。

私の文章の孫掲載(私のHP→Wikipedia→Wired)がかなりありますが、インドでも真の意味で見直されてきている証拠の記事。嬉しいことですね。

***************


posted by 多聞 望美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月02日

祝10周年

私が正統なインド風水ヴァーストゥを広める活動を始めて10年が経ちました。

日本で最初、そして今でも実質的に第一人者ですので、責任を感じます。

また、全世界をみても、客観的な科学的知見と正統なインド風水を結びつけているのは私が初めてかつ現在でも唯一のようです(本当ですよ。ネットでリサーチしてみてください)。

これからもインド風水ヴァーストゥが正しく日本に、そして世界に正確に広まるように気を引き締めて頑張っていきます。
posted by 多聞 望美 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月29日

安倍総理と松本文明氏

インド風水に基づいた自宅を建設してから運が上向き異例の長期政権を続けている安倍総理。


はぁ、それが総理とどう関係あるのでしょう。大ありです。総理の自宅外壁には松本文明氏のポスターが貼ってあるのです。

さて、これまでの安倍総理の運を維持するために一つだけ提言があります。この松本文明氏のポスターをいますぐ剥がしてください。インド風水的によくないですから。安倍総理の自宅は松本文明氏の選挙区なので自民党員として当然のことをしているだけなのでしょうがインド風水的に良くない。党員としての務めを果たすならせめて植え込みに立て看板の形にしてはいかがでしょう。

総理。ちなみにこのコンサルテーションは無料です。



詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月28日

予言的中

そういえば私は2015年2月3日にこんな予言もしていました。

“軍部などの安全保障コミュニティーは積極策にでないオバマ政権を優柔不断と見て相当不満を持っているようです。「タイミングを計って集中的にリソースを投入しなければいけないのに、ズルズル決められない。何もわかっちゃいない。この大統領のもとでは米国の外交・安全保障は危機にさらされる」ということなのです。気がつくと大統領選挙は来年です。安全保障コミュニティーは、内々にすでにオバマ政権に見切りをつけて、早く誰でもいいから共和党の大統領の就任を待望する空気が強いとか。(中略)「事実は小説よりも奇なり」とも言います。今、もっと恐ろしいことが米国政府内で進行中かもしれませんね。”

気がつくと一般の方だけでなく99%の専門家もが予想していなかったトランプ氏が2016年11月に大統領に当選し(予言の2年近く後)、大統領の主要安全保障チームメンバーには軍人出身者が名を連ね、ますます増えてきています(「軍との蜜月」も私以外の誰も予想できていなかった)。

ですから今私が予言している「北東アジアでの戦争」にも皆さんは備えたほうがいいと思いますよ。私も戦争は嫌ですけれど。

インド風水を実践するとこのような私の未来を予想できる特殊な能力が身につくかもしれませんよ。皆さんと皆さんの家族のためにも。

あと安倍総理とアッキーは私を雇った方がいいかも。


詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月27日

本来の中国風水と「北枕」は全く関係ありません。それとインド風水は占いではありません。

本来の中国風水と「北枕」は全く関係ありません。
中国風水と北枕を関連つけている「風水」があれば、それはインチキです。
理由は成立の場所が全然違うから。
古代中国と古代インドですからね。少し考えれば誰でもわかることです。

あっ、それとインド風水は占いではありません。
もしインド風水=占いと謳っているサイトがあったらそれも間違いなくインチキです。
インド風水も内包するヒンドゥー世界ではジョーティッシュというそれ専用の占星術があるから。
インド風水自体は占いではないのです。


詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月21日

食べる時間を変えるだけ!体内時計を動かす「時計遺伝子ダイエット」

インド風水の間取りは、朝日をきっちり浴びる仕組みです。
これは医学的にも極めて合理性があります。

こんな記事がありました。


続きを読む
posted by 多聞 望美 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月20日

戦争間近です。

インド風水の基づく私の予言は当たりました。
昨年11月の2つの予言、トランプ大統領来日に関するものと北朝鮮情勢についてです。

そして私は同じ11月に今年2018年に関する予言もしています。
かいつまんで言うと、「2018年は中国、韓国への不要不急の旅行は避けた方が得策。日本本土は比較的安全ですがいざという時の心の準備はしておいた方がいい。春ごろから危険な状態に」です。要は戦争ということです。

でも、私とインド風水のパワーを信じていれば安全です。そして、できるだけ多くの知り合いにこの予言とインド風水を伝えればあなた自身もより安全となるでしょう。



詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月18日

2018年についての予言 〜中国、韓国への不要不急の旅行は避けた方が〜

先日、トランプ大統領の来日初日の動きを予言しましたがだいたい当たっていたようですね。
この勢いでインド風水の感性に基づいて2018年の大胆に東アジア情勢について予言してみます。

結論から。
「2018年は中国、韓国への不要不急の旅行は避けた方が得策。日本本土は比較的安全ですがいざという時の心の準備はしておいた方がいい。」です。

なぜでしょう。
インド風水で最も大切な方位は北東。大切にすれば良い影響が、軽んじれば悪い影響が現れるとされています。
中国、韓国、北朝鮮から見て日本は北東。つまり、大切にすれば良い影響が、軽んじれば悪い影響が現れる方位。近年、この3国と日本との関係は険悪ですが残念ながらその悪い影響はほぼ一方的に彼らにあらわれるでしょう。(どちらが悪かったかは置いておいて)元寇でも文禄・慶長の役でも日清戦争や日中戦争でも、被害は彼らの方が甚大だったことを思い起こしてください。

現世的な理由としては、日本の同盟国・米国は北朝鮮のような「ならず者国家」が米本土に届く核ミサイルを保有することを決して看過しません。安全保障で米国は決して妥協しないのです。この意思は非常に強固です。他方、北朝鮮も体制の維持のためには核ミサイルの放棄はできないでしょう。つまり、堂々巡り。

ただし、中国やロシアが間に入ってウルトラCの妥協が成立すれば話は別です。例えば、ロシアが北朝鮮の核ミサイルを「管理」し、そのかわり北朝鮮の体制の維持を保証しつつ日本を含む関係国から多額の援助を引き出すというもの。つまり戦争による損害に比べたらましでしょう、という論法。問題を先送りするだけでまるで90年代のKEDOを彷彿させその実効性は甚だ疑問ですが。
中露の「調停」がうまくいかなかったら、東アジアで何らかの物理的な事象が起こりそうです。おそらく春ごろからさわがしくなってくるでしょう。

ちなみに日米関係も見てみましょう。米国は日本から見て北東です。インド風水的には最重要な方位。つまり日本は米国と仲良くすればなんだかんだ言って明治時代や(対米追随外交と言われようが)戦後のように上手いきます。他方、逆に仲が悪くなれば先の大戦のような惨禍に見舞われるとの解釈ができます。
それでは、米国から見るとどうでしょうか。米国からは日本は北西。かいつまんでいうとインド風水的には可もなく不可もありません。もちろんそれなりに大切では重要でしょうが日本のように死活問題と言うほどではないでしょう(ちなみに米国にとって北東は欧州。特に英国)。
現世的にもそんなもの。米国にとって日米関係は米欧関係、特に米英関係ほどは重要ではないのです。


詳細は私の書籍でご確認ください。

posted by 多聞 望美 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月17日

アジア「富豪一族」ランキング、サムスン一族が首位から陥落



アムバニ一族の資産は昨年190億でしたが、運営するインド最大のコングロマリット、リライアンス・インダストリーズの株価急騰により一気に資産額を伸ばしました。




(参考)

インド風水は強力です。アジア一の大富豪アンバニ氏だけではありません。世界一の大富豪ビル・ゲイツ氏も超強運の安倍首相、インドで圧倒的なシェアを確保しトヨタなど歯牙にも掛けないSUZUKIも実践しています。

インド風水の良いところはみんなに勧めると、その良い効果が自分に返ってくることです。

もう嫌日の中国・韓国風水の時代ではありません。早いところインド風水に鞍替えしましょう。早ければ早いほうがいいですよ。信じる信じないは自由ですが。

詳細は私の書籍でご確認ください。

posted by 多聞 望美 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月11日

リコーもインド風水をやってればよかったのに



ダメもとでもインド風水をやっていればよかったのにと私は思うのです。だって「豪に入れば郷に従え」ですもん。

もっとも私はインド風水にはもっと別の「何か」があると思っていますが。



詳細は私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月10日

Boston Globeの記事


この記事によると、インド風水ヴァーストゥを信じる人が増えているボストンでは、インド風水でもっとも重要な方位である北東向きの土地の需要が急激に増えているんだとか。

Sunlight streams into the kitchen and dining room in the home of Arathi and Ashish Cowlagi in Shrewsbury. The home features an open floor plan with few cut corners and walls.

詳細は私の書籍でご確認ください。


posted by 多聞 望美 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月07日

世界的に有名な建築デザインのウェブマガジンでも

世界的に有名な建築デザインのウェブマガジンである「Dezeen」にインド風水に則った住宅が掲載されています。

カナダのバンクーバー近郊に建てられたこの住宅は「Hunter Office Architecture」によって設計されました。この日本でも「知る人ぞ知る」という英国発のウェブマガジンでは美しい動画や写真が掲載されていますので一見の価値ありですよ。


なお、日本特集もありますので興味があればそちらも覗いてみてはいかがでしょうか。



posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月04日

トランプ大統領来日に関する「予言」

明日(11月5日)、アメリカのトランプ大統領が来日されます。

そこで日米の警備当局に怒られそうな大統領の初日の行動に関する「予言」をしてみたいと思います(インド風水の感性に基づく「予言」なので怒らないで下さい)。

ハワイを出発した大統領の飛行ルートは、房総半島→相模湾→茅ヶ崎市→藤沢市→綾瀬市→海老名市→座間市→相模原市→町田市→八王子市→日野市→八王子市→昭島市→福生市→横田基地という南から進入するルートです。

この間大統領は綾瀬市上空で(右手に見える)米海軍厚木飛行場と(右手奥に見える)横須賀基地、座間市上空で(真下で見えない)米陸軍キャンプ座間、相模原市上空で(同じく真下で見えない)米陸軍相模原総合補給廠の説明を軍からホワイトハウスに出向している側近から受け、在日米軍の重要性を改めて認識させられることになるでしょう。

午前10時ごろ横田基地に到着後は米軍兵士(4軍)と自衛官(主に航空自衛官)を前に演説をし、日米の結束(とくに軍事的な)を演出することになります。

そのあとは大統領専用ヘリで埼玉県のゴルフ場に向かい安部首相とのゴルフを楽しみます。そしてそれが終わると再び大統領専用ヘリで東京に向かうことになります。

東京には赤坂プレスセンターのヘリポートに午後5時ごろ着陸します。六本木ヒルズのそばですね。そこから内幸町の帝国ホテルに直行します。

ちなみにトランプ大統領は中国風水にかなり凝っているんだとか。

この「予言」、当たるかな。
posted by 多聞 望美 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月30日

安部首相やビル・ゲイツの強運はインド風水によるものとしか説明できない(かも)


その首相の「強運」は実はインド風水から来ていることを多くの人はご存知ないようです。

現在の安倍氏の自宅の完成からの強運ぶりはインド風水でしか説明できないのです。単なる偶然といったレベルではないのです。その意味ではたまたまインド風水に基づくオフィスに移って最終的には世界一の大富豪となったマイクロソフトのビル・ゲイツ氏に似ていますね。そんな単なる偶然で普通の富豪はともかく世界一の大富豪になれるわけないのです。

皆さんは今すぐインド風水を始めましょう。つまり安倍首相やビル・ゲイツ氏のようにインド風水という「タネ」を仕込んでおくのです。

そして自分がやるだけでなく人に紹介してその人を幸せにすればそれがもっともっと大きくなって自分に返ってくるのです。
posted by 多聞 望美 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

欧米での広がり

米国ヴァージニア州リッチモンドのローカルテレビ局でインド風水が紹介されています。

一見現代風でも中身はインド風水に基づいた住宅が首都ワシントンがら車で2時間弱の普通の小さな町に建てられたというもの。

欧米では着実にインド風水が定着して来ています。日本でもヨガのように広がるのは時間の問題でしょう。

posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月28日

北朝鮮情勢

緊迫する北朝鮮情勢。一部のマスコミでは、北朝鮮に米軍が年内にも攻撃を仕掛けるかのような記事も出始めています。

少なくとも年内にそんなことにはならないでしょう。

インド風水を実践する私からの予言です。
posted by 多聞 望美 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記