2015年11月01日

朝ヨガとインド風水

​最近、いわゆる「朝ヨガ」をする人が増えているそうです。菅野美穂さん、ミランダ・カーさんなども実践しているそうです。

朝ヨガの代表は、「スーリヤ・ナマスカーラ」で、英語では「Sun Salutation」といい、日本では「太陽礼拝」と訳されることが多いようです。インド古来のプラクティスで、朝、太陽の方角に向かっていくつかのポーズをとります。

ちなみに、「スーリヤ」とは日本語では太陽神とも訳されます。この神は仏教が興る基盤となった古代インドのバラモン教の神で、後に仏教に取り入れられて、「日天」となりました。「ナマスカーラ」とは、挨拶とか礼拝などいう意味で、インドの挨拶の表現「ナマステ」を丁寧にした言葉です。

「スーリヤ・ナマスカーラ」には、心身の健康で様々な効果が期待されます。体を柔軟にし、若々しさを保ち、精神も安定化させ、適正な消化、血液循環や月経周期を促進し、ダイエットにもなる、としている人もいるようです。

すくなくとも、このうちの若々しさ、精神の安定、適正な消化・血液循環・ダイエットは、インド風水ヴァーストゥと共通です。

これはヨガとインド風水ヴァーストゥは兄弟なので当然です(ちなみに仏教は「家出した親戚」で血は争えない関係)。

ヨガの愛好家の皆さんは、インド風水ヴァーストゥを併用すればより高い効果が期待できるはずです。

http://food.ndtv.com/health/the-ultimate-full-body-workout-surya-namaskar-769780
http://food.ndtv.com/fitness/weight-loss-exercises-9-ways-to-shed-the-weight-1230144
posted by 多聞 望美 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2015年08月12日

ヨーガとインド風水の深い関係

日本でもすっかり定着したヨーガ。ヨーガは、もともとは古代インド発祥のヒンドゥー教の代表的な修行法です。

ヨーガの原型らしきものはモヘンジョダロなどのインダス文明の遺跡から神像などの形で出土しており、そのはるか昔からあったものと想像できます。

インド風水ヴァーストゥも同じくインダス文明の時期(紀元前2600年頃から紀元前1800年頃)には原型が出来ていたことがモヘンジョダロやハラッパーなどの遺跡からわかっていますから、ヨーガとインド風水ヴァーストゥは、共通の土壌のうえに発展してきた「兄弟」とも言えるでしょう。

この兄弟は、健康・精神統一法はヨーガ、住環境はインド風水ヴァーストゥという大まかな役割分担をしながら世代を超えて伝えられていきました。

ちなみにヨーガによる修行は日本の仏教の「禅」につながっています。紀元5世紀ごろには「ヨーガ・スートラ」を根本経典とし、発展してきたものが仏教にも広く取り入れられ、安倍総理、中曽根元総理やアップル社のスティーブ・ジョブズ氏も実践した禅につながっていったのです。つまり、インド風水ヴァーストゥから見れば「甥っ子」といったところでしょうか。

ヨーガと禅は、姿勢を正し、呼吸や感覚を整え、精神統一するのは同じです。ただし、すこし乱暴な分け方をすると、禅はひたすら「無」を追求するのに対し、ヨーガは身心の健康を増進させるという違いがあると聞きます。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131213/257036/?rt=nocnthttp://mainichi.jp/select/news/20150725k0000m010111000c.html
posted by 多聞 望美 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2015年06月15日

ヨガとインド風水は不可分の関係 (4)

ロサンゼルスのヨガ専門誌「LA Yoga」の記事を紹介する最終回です。


*********************************************
Applying Vastu Shastra
インド風水ヴァーストゥの実践

Often we can simply intuit some of the principles of Vastu. In the morning, which direction do you face to greet the sun? The direction of light, enlightenment and inspiration. In yoga, surya namaskar (sun salutations) is a universal practice. It is believed that the best rays of the sun come just before dawn, an ideal time to practice yoga for maximum rejuvenation. Vastu directs that the rays of the sun should filter into a building during the morning when sunlight is neither too bright nor too hot.
我々はしばしばインド風水ヴァーストゥの原則を率直に直感できる。朝、太陽に挨拶するためにあなたはどの方位、すなわち、光、悟り、ひらめきの方位に顔を向けるだろうか。ヨガで、太陽への挨拶を意味するスリヤ・ナマスカールは、非常に一般的なプラクティスだ。最も好ましい太陽の光は夜明け直前の光だ。この時間帯は活力回復を最大化するヨガのプラクティスを行う上で理想的でもある。

However, by understanding Vastu’s basic principles of the directions and the elements on the Vastu Purusha Mandala, more beneficial changes will occur. Michael Mastro, Seattle based architect and expert on the art and science of Vastu Shastra, says, “The house is a blueprint of your life.” If there is a missing Southeast corner in the home, for example, Mastro can tell almost instantly that the person is having trouble with their energy level. Diabetes or other health problems that are related to pitta (one of the three doshas in Ayurveda) may be occurring. Similarly, Vastu says that if the Southwest corner is given over to a child’s bedroom, the child will rule the home. The Mastros had that exact problem years ago with their daughter. As Mastro studied Vastu at the encouragement of Maharaji Mahesh Yogi, he and his wife, Robin, took the Southwest corner as their bedroom when they moved into a new home and the problem was solved in about six months.
しかしながら、インド風水ヴァーストゥの方位の基本法則とヴァーストゥ・プルシャ・マンダラの要素を理解することによって、より利益のある変化が起こるだろう。あるインド風水ヴァーストゥの専門家は、住居は人生の設計図で、もし、南東に問題があるなら、人はエネルギーのレベルに問題を生じるだろう、と言う。ピッタ(アーユルヴェーダで3つのドーシャの1つ)が関連する糖尿病やその他の健康上の問題が発生するかもしれない。同様に、インド風水ヴァーストゥでは、南西が子供の寝室の場合、その家は子供に振り回されることになるのだという。その専門家は、そのような問題を自分の娘で経験したと言う。そこで、その専門家夫妻が新居に引っ越す際、南西の部屋を自身の寝室にしたところ、6ヶ月後に解決したのだと言う。

Vastu addresses other common considerations besides who has control over the home or workplace relative to their space assignment on the Vastu Purusha Mandala. Questions about finances, health, relationships and career are those most frequently asked, says Mastro, who designed the first Microsoft office building in Kirkland, Washington. He did this without ever revealing he was using principles of Vastu. Today, many of his clients are young Indian Microsoft millionaires looking for homes, and their family members may have mentioned they should find someone with knowledge of Vastu to pick the appropriate house that’s going to have a good influence on their life.
インド風水ヴァーストゥは、住居や職場以外の事象も対処できる。頻繁に質問を受けることは、お金、健康、人間関係や仕事に関することだ、とその専門家は語る。この専門家は、マイクロソフト社のワシントン州カークランドにある同社最初の社屋を設計したことで知られる。彼はマイクロソフト社にインド風水ヴァーストゥの原則を用いることは黙ってこの社屋を設計した。今日では、彼のクライアントの多くは、若いインド人のマイクロソフト社の億万長者だ。そして彼らの家族は、次のように言っているかもしれない。人生に良い影響を与えるだろう適切な家を見つけるために、インド風水ヴァーストゥの知識がある誰かを見つけるべきである、と。

Each ‘symptom’ that a client wants addressed can be viewed as a deficiency in the flow of prana within the space related to improper use of the space per one or more of the cardinal directions. Just as in yoga, we practice asana and pranayama to enhance the free flow of prana, so it is in Vastu that energy can be unblocked, moved and shifted. Says Mastro, “Like in yoga, we’re reducing stress. Not in the body, but in the environment. Getting energy to move that is stuck, wherever it is stuck, will have a specific influence.”
それぞれのクライアントの”症状”は、空間内の気(プラーナ)の流れの不足と考えられる。これは、空間の不適切な使用に関連するものだ。我々がヨガで行うプラーナの自由な流れを高めるためのアサナとプラナヤマのように、インド風水ヴァーストゥではエネルギーをスムースに流すことができる。人体ではなく環境中でエネルギーを流れるようにするために、具体的な影響力を持つことになる。

Michael Borden, however, is quick to point out that some problems can’t be solved, because a client may not be willing or able to make the changes recommended. These changes may involve cutting down a tree that is blocking the free flow of energy into their home from the North or moving the swimming pool from the Southeast, the abode of the element of fire. And then there is the problem of improper orientation of the house when it was built. Borden looks at the floor plan in relationship to the cardinal points of the compass. If the building is twisted, he believes it’s almost impossible to apply the principles. He does, however, assess in a very informal way, how people feel about their home. There is often disharmony created by mental activity if residents are worried about something in the home.
しかし、別の専門家は、いくつかの問題は解決できないと述べている。なぜなら、クライアントは、推奨されたことを実行したがらないからだ。それには、北から自宅へのエネルギーの自由な流れをブロックする木を伐採することや、火の要素の南東からプールを移すことも含まれる。家の不適切な方位の問題もある。専門家は、方位との関係で、フロアプランに着目する。建物にねじれがある場合、インド風水ヴァーストゥの原則を当てはめるのはほとんど不可能だ、と彼は考える。しかし彼は、いかに人々が家で感じるかを非常に非公式な方法で評価する。家に住む人が心配しているような場合は、精神活動による不調和がしばしば見られる。

But almost any environment can be transformed into positive energies if people can gain ease about their existing situations and learn to honor their house, as a living being, with respect, and gifting it and caring for it. “Look at Nelson Mandela in prison writing beautiful stuff and inspiring the world.” “But,” he adds, “If I can’t help them, they should enter into a relationship with the house.”
しかし、ほとんどすべての環境は、人々が彼らの現状についての安寧を得、彼らの家を尊重することを学ぶことができれば、ポジティブなエネルギーに変換することができる。

Cox, who studied traditional Vastu in India for many years, hopes to empower people with Vastu. She believes they should “take hold of the one last thing that they completely control – their personal space – and use the power of that space in a positive way so that it increases their well-being.”
Urban apartment dwellers can apply the Vastu Purusha Mandala to their spaces, including individual rooms, and if they can’t exchange the bedroom location with the kitchen to put the space into proper orientation, she helps them work with what is there. That means making sure the center of a room is empty space and possibly placing a carpet there as well as honoring nature, both in the home or workspace. Cox emphasizes choosing organic over synthetic, for example. She has also seen that the presence of plants in children’s rooms lowers their stress level and calms them down. The shape of the table we eat at or meet at influences our behavior, too; there is faster energy in circular patterns so if the table is round, then the meal or meeting will be quick, but if it is rectangular it will be slower and calmer.
長年、インドで伝統的なインド風水ヴァーストゥを学んだ別の専門家は、インド風水ヴァーストゥで人々を力づけたい、と考えている。この専門家は、人々は個人的な空間を完全に支配し、積極的な方法でその空間の力を使うことによって、幸福が促進されることを最終的に理解すべきだ、と信じている。都会のアパートの居住者も、ヴァーストゥ・プルシャ・マンダラを個々の部屋を含む彼らのスペースに適用することができる。もし、適切な方位のためにキッチンと寝室を交換できないなら、専門家がサポートできる。部屋の中央は、自宅も職場もカーペットだけでなく自然に敬意を表する空のスペースでなければならない。その専門家は、オーガニックなものを選ぶことも強調している。また、ストレスを軽減させ、落ち着かせるために、子供部屋に植物を置くことも推奨している。テーブルの形も我々の行動に影響を与えるという。円はエネルギーが早く流れるので、テーブルが円形の場合、食事や会議が迅速になり、長方形の場合、ゆっくりかつ穏やかになる。

The environment is all that is, and we are inseparable from it. According to the Vedas, all vibrations of the universe are innately in perfect order and harmony, and if disturbed, they will result in chaos and disharmony. Even when we practice asana, pranayama and meditation diligently through yoga practice and care for our bodies and minds according to Ayurveda, all still may not be well in our lives. It is possible that the missing piece of the puzzle might be Vastu Shastra.
我々は環境とは不可分の関係だ。ヴェーダによると、宇宙のすべての振動は完璧な秩序と調和して本質的であり、乱されるなら、混沌と不調和になる。アーユルヴェーダによると、私たちがヨガを通じて、熱心にアサナ、プラナヤマと瞑想を行い、体と心のケアを行っても、十分ではないかもしれない。この欠けている部分がインド風水ヴァーストゥであるかもしれない。

***************************
お楽しみいただけましたか。最終パラグラフが結論です。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2015年06月07日

ヨガとインド風水は不可分の関係 (3)

ロサンゼルスのヨガ専門誌「LA Yoga」の記事を紹介する第3回目です。


*********************************************
How Does Vastu Work?
インド風水ヴァーストゥはどのように働くのか

Vastu suggests particular placement for the cardinal directions (north, south, east and west) and the five elements (earth, air, water, fire and space) on a rectangular grid that has as its center, the divine Self, Brahma. We as humans are manifestations of the divine Self. A primary tool that illustrates this view and is used to implement Vastu is the Vastu Purusha Mandala (See diagram p.36), a Vedic architectural blueprint in which the element of space is its center. Purusha means the unseen spirit or energy. The rectangle is considered the perfect shape. Says Kathleen Cox, Vastu expert and author of “Vastu Living,” “if we ignore the important principles conveyed through the diagram, we compromise our well-being and show disrespect for all creation.”
インド風水ヴァーストゥは、中心に最高神ブラフマのある長方形のグリッドによって、方位(東西南北)や5つの要素(地、風、水、火、空)の具体的な場所を提案している。そして、我々人間は、最高神の化身なのだという。こうした考えを図式化し、インド風水ヴァーストゥを実践するために用いられる主要な道具が、ヴァーストゥ・プルシャ・マンダラである。これは宇宙の要素が中心に置かれたヴェーダの建築設計図である。プルシャは、目に見えない精神またはエネルギーを意味する。「長方形が完璧な形状だと考えられている」とあるインド風水ヴァーストゥの専門家は述べる。もし、インド風水ヴァーストゥの原則を無視するなら、幸福で妥協し、万物に対して無礼な振る舞いを示すことになるのだという。

Entire structures, living spaces, work spaces and even individual rooms are assigned on the basis of energy zones in the Vastu Purusha Mandala. Architect and Vastu expert Michael Borden says in his Vastuved Design Course, “according to Vastu Science, a network of energy lines covers the globe of the Earth: an energy grid. The lines are conduits by which the energy concentrated at the center of the vital Earth flows out and spreads over the Earth.”
すべての構造物、住居、職場と個々の部屋は、ヴァーストゥ・プルシャ・シャマンダラにおいて、エネルギーゾーンに基づいて割り当てられている。別の専門家は、インド風水ヴァーストゥによれば、エネルギーのラインのネットワークは、地球全体をカバーしている、と述べる。このラインは、地球の中心に集中したエネルギーを地球上に広げる導管だという。

The center of the Vastu Purusha Mandala is always left empty, creating what is called the Brahmasthan. The Brahmasthan is the energy heart and lung of the house, and it should always be left open and free of obstructing elements. It is also best if this portion is in direct contact with the Earth and climate permitting, open to the sky so that the energetic space surrounding the Earth is attracted into the house. That’s why we see courtyards in the center of Indian homes and Indian temple design; the original examples of Vastu Shastra, forbids the actual use of the central space.
ヴァーストゥ・プルシャ・マンダラの中心は、ブラフマーの場所なので、常にオープンなままである。ブラフマーは、住宅のエネルギーの心臓部であり、肺であり、それは常にオープンなままで、かつ障害物があってはならない。この部分が、空に面することで、地球を囲むエネルギー空間が家にもたらされ、地球と気候に直接に接するなら、最高とされる。それが我々がインドの家庭やインドの寺院の設計の中心に中庭がある理由である。すなわち、インド風水ヴァーストゥはもともと中央の空間を用いない。

The intermediate directions occupy the corners of the rectangle; for example, Northeast is the corner between North and East. Each intermediate direction has a corresponding element: Northwest and air; Northeast and water; Southwest and earth; Southeast and fire. Space, of course, is in the center.
東西南北のそれぞれの中間は、長方形の一角を占める。例えば、東北は北と東の中間である。東西南北のそれぞれの中間は、5つの要素を意味している。すなわち、北西は風、北東は水、南西は地、南東は火、中央は空である。

Specific Vedic deities are also assigned to the cardinal and intermediate directions. For example, the north belongs to Soma, the lord of health and the southeast belongs to the deity, Agni. Agni symbolizes the sacred fire and so the southeast quadrant acts as a purifier.
具体的なヴェーダの神々もまた東西南北と中間の方位が割り当てられている。例えば、北は、健康の神ソーマに、南東は火の神アグニに属し、このためアグニは神聖な火を象徴し、浄化の役目を果たすと考えられている。

***************************************
次回は最終回。お楽しみに。
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2015年05月29日

ヨガとインド風水は不可分の関係 (2)

ロサンゼルスのヨガ専門誌「LA Yoga」の記事を紹介する第2回目です。


*********************************************
History of Vastu Shastra
インド風水ヴァーストゥの歴史

Vastu probably predates the Vedas, going back as far as 7,000 years. The Vedas, considered to have no beginning and no end as well as no authorship, were vibrations from the universe picked up by the rishis (sages), the only mortals who had attained enough spiritual enlightenment that they could hear the pure vibrations of the universe. This is when the first oral transmission of vibrational qualities is thought to have occurred.
インド風水ヴァーストゥの起源は、ヴェーダ時代(訳者注:紀元前1500〜600年頃。日本でいうと縄文時代後期から飛鳥時代にかけて)よりも古い7000年前(訳者注:日本でいうと縄文時代前期)まで遡ることができるだろう。ヴェーダというのは、聖人たちによって明らかにされた宇宙のバイブレーションで、作者も終わりも所有者も何もないものだ。この聖者たちは、十分な悟りを開いた唯一の死ぬ運命にあるものたちで、宇宙の純粋なバイブレーションを聞くことができる。

The primal sound AUM, or OM as it is more commonly known, is what we today identify as our connection to the distant beginnings of the manifestation of sound on the planet. There is no real yoga class that does not invoke OM as part of the teachings and practices and means nothing less than the essence of the Supreme Creator, the coexisting breath of the Paramaatma, Brahman.
オームという呪文は今日では、地球における音の表れの遠い始まりと捉えられている。オームという呪文なくしては本当のヨガとは言えない。オームは、究極の創造主のエッセンスに他ならない。

Early on, the rishis had identified the five elements of space, air, water, fire and earth. Here, we are considering thousands of years of contemplation on the nature of existence, neither possible nor probable in the environment in which we live today. Yes, space was discerned as a subtle energy and dynamic element out of which all objects of nature come into existence and ultimately into which all disappear.
はじめに聖者たちは空、風、水、火、地からなる5つの要素を発見した。数千年も我々は我々を取り巻く環境の曖昧ではない存在の本質について考えてきた。そして、宇宙は自然界のあらゆる物質によって形作られ、そして消滅する微妙なエネルギーとダイナミックな要素で形作られていることが明らかになったのだ。

The rishis also determined that there is a higher Self (having heard the sounds of the universe, what would you expect?). In Hinduism this higher Self is referred to as ‘Brahma’ and there is ample mythology surrounding how Brahma first manifested. It may be metaphor, as is the case in every sacred scripture, but even today Brahma is used to denote the universal Self within all of us. The interconnectedness of all that is, “Tat Tvam Asi,” is a fundamental concept of all Vedic disciplines: Yoga, Ayurveda, Vastu, Jyotish (astrology), dance, art and music.
また聖者たちが発見したものの一つに、より高い次元の自己がある。ヒンドゥー教では、高い次元の自己をブラフマーと言い、どのようにブラフマーが生まれたのかについての沢山の神話がある。すべての神聖な経典と同じように、それは隠喩かもしれない。しかし現在でもブラフマーは我々すべての中にある普遍的な自己を象徴している。梵我一如(Tat Tvam Asi)と呼ばれる相互関連性の考え方は、すべてのヴェーダの規範、すなわちヨガ、アーユルヴェーダ、インド風水ヴァーストゥ、ジョディシュ、ダンス、芸術、音楽の基本的な概念だ。

Vastu actively considers how it is possible to bring Brahma to form. And, the first Vastu structures were Indian temples in which the intention was to realize and honor the universal Self on a physical plane. A lofty goal, to be sure, for what we today call architecture.
インド風水ヴァーストゥの中心的な教えの一つにブラフマー、すなわちより高い次元の自己をどのように形作るのかということがある。そしてそうした意図が実現でき、物理面で普遍的な自己を授ける点で、インドでは寺院がまず最初に来る。我々が今日、建築と呼んでいるものが、確かに一つの崇高な目標なのである。

The rishis also figured out that everything that exists is animated, alive, due to vibrational qualities. Even today scientists are still playing around with whether water molecules have specific vibrations. Wouldn’t this also apply to buildings? They exist, don’t they? If that is the case, then why not create dwellings that are perfect in terms of universal vibrations and which manifest all the aspects of the universe, based on the Supreme Self, the rising and setting of the sun, the influence of the planets and the aspects of the various deities?
また、他に聖者たちが見つけたことは、存在するものすべては振動の質によって活性化されるということだ。今日でも科学者たちは水の分子が特定の振動かどうか議論している。これは建物にもあてはまらないのか。それらは存在するのかしないのか。もしそうなら、個の根源、太陽の運行、惑星の影響と様々な神の要素に基づく宇宙の振動とその全ての要素を表す点で完璧な住宅を作らないのか?

*************************
次回もお楽しみください。
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2015年05月21日

ヨガとインド風水は不可分の関係 (1)

ロサンゼルスのヨガ専門誌「LA Yoga」の記事の要旨を4回に分けて紹介します。

この記事は何を言っているのかというと、「本来的なヨガを極めるには、アーユルヴェーダとインド風水ヴァーストゥも併用すべきではないか」ということです。

もう少し噛み砕くと、「本来、ヴェーダを含むインド哲学を具現化したもののひとつであるヨガは、それ単独では十分でなく、すべてのヴェーダの規範、すなわちヨガ、アーユルヴェーダ、インド風水ヴァーストゥなどととともに協働しなければならない」ということです。

うーん。これはすごく深い。そして、とても大切なことです。

これは、2005年の記事。つまり、日本は10年以上遅れているということでもありましょう。

***************************************************************************
Vastu 101
インド風水ヴァーストゥの基礎講座

Think back to a time when you walked into a room and immediately felt something was wrong. Or maybe you’ve had the experience of working in an office where no one could get along, or you or your co-workers were always getting sick. The ancient science of Vastu Shastra tells us that it might not be you that’s out of whack; it may be your space.
あなたが部屋に入り、すぐに何かが違うと感じた時のこと、あるいは、折り合いがうまくいかなかったり、同僚がいつも病気だったりする職場での経験を思い出して欲しい。古代インドの科学であるインド風水ヴァーストゥによると、その原因はあなた自身の調子のせいではなく、あなたのいる場所がいけないのだという。

Vastu means “dwelling, site or existence” and Shastra means “science.” Vastu Shastra is often referred to as the original green architecture. It can be esoteric, complicated, detailed, rigid and rule-driven. It can involve hard-to-understand grids and attributes of Vedic deities. Or it can be a sort of common-sense approach to designing space according to natural laws of nature. And, according to some, there’s a lot of superstition involved. All may actually be true.
“Vastu”の意味は、”住居、敷地、あるいは存在”を、”Shastra”の意味は、”科学”である(訳者注:インド風水ヴァーストゥの原語は”Vastu Shastra”)。インド風水ヴァーストゥは、しばしば、環境建築の原型と言われるが、難解、複雑、詳細、厳格、ルール駆動的で、理解するのが難しいグリッド(マス目)やヴェーダの神々の象徴でもあるかもしれない。あるいは、自然の法則に基づく空間をデザインするごく一般的なアプローチかもしれない。そして、沢山の迷信もあるのだろう。すべてはそういうことなのかもしれない。

Today, we all acknowledge that we have our own biorhythms and energy patterns. In Vastu, every building is considered to be a living organism possessing its own energy patterns or vibrations. The science of Vastu seeks to harmonize these patterns or energies so that the inner space of an individual and the outer space of the cosmos are in balance. On a very basic level, Vastu provides the means to adjust the vibrational frequencies within our homes and workplaces making it more likely we’ll find balance and harmony within them.
今、我々は、自分自身にはバイオリズムとエネルギーのパターンがあることを知っている。インド風水ヴァーストゥでは、全ての建物を、エネルギーのパターンかバイブレーションを持つ生きた有機組織と見なしている。インド風水ヴァーストゥの科学が目指すのは、こうしたパターンもしくはエネルギーの調和を通した、精神世界と外部世界とのバランスなのだ。非常に基本的なレベルで、インド風水ヴァーストゥがもたらしてくれるものは、住居と職場の周波数の調節なのであり、それによりバランスと調和が期待できる。

**********************************
次回もお楽しみに。
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2015年05月05日

ヨガのインストラクターの皆さん

ヨガのインストラクターの皆さん。レッスンにインド風水ヴァーストゥを取り入れてはいかがでしょう。差別化が図られ、きっと注目されると思いますよ。

キーワードは、「朝の日光」と「東北」です。これはインド風水ヴァーストゥの基本原則です。

まず「朝の日光」については、ダイエット、睡眠、冬季うつ予防、適度な日光浴に効果があります。

「東北」については、消化、休息、排泄について効果が考えられます。

すなわち、ヨガ X ヴァーストゥ(Yoga X Vaastu)です。

ヨガには、その名も太陽への挨拶を意味する「スリヤ・ナマスカール」というプラクティスもあります。お試しあれ。
posted by 多聞 望美 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2015年04月30日

ヨガ X インド風水ヴァーストゥ=最強

ヨガを楽しんでいる皆さん。インド風水ヴァーストゥを取り入れられてはいかがでしょう。ヨガとインド風水ヴァーストゥの効果が相まって異次元の効果が得られるかもしれません。

現代の欧米や日本などの先進国で広まっているヨガの効果は主に、ダイエット、アンチエイジング、美容、集中力を高めるなどとされています。

これに対してインド風水ヴァーストゥの効果は、富、幸福感、集中力、健康などといった抽象的なものの他に、現代的な解釈では、ダイエット、睡眠、冬季うつ予防、適度な日光浴、消化、休息、排泄などといった具体的なものもあります。

これには「朝の日光」が大きく関係しています。

インド風水ヴァーストゥの原則にそった住まいやインテリアであれば、朝の日光を自動的に毎日浴びることができます。また、北東方向(磁北:日本の場合、北よりも若干西)からの地磁気を多く受けれることができます。

それらはヒトの心身の健康やダイエットに効果があります。少なくとも太陽光については明確な相関関係があり、また、地磁気についても、我々ヒトと同じ哺乳類で様々な興味深い事例があります。

まず「朝の日光」については、ダイエット、睡眠、冬季うつ予防、適度な日光浴に効果があります。「東北」については、消化、休息、排泄について効果が考えられます。

そうしたインド風水ヴァーストゥの原則にそって「朝の日光」を浴びながら「北東」向きにヨガ、あるいは、アーユルヴェーダ、瞑想、坐禅をしてみるとどんな効果が考えられるでしょうか。想像しただけでワクワクしてきます。

詳しくは、2008年からの私のブログでご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2014年10月20日

ヨーガやアーユルヴェーダを実践されている方へ

おそらく私が日本では初めて提唱することですが、ヨーガやアーユルヴェーダをされている方は、インド風水ヴァーストゥも一緒に実践されてはいかがでしょうか。

いずれもバラモン・ヒンドゥー教を含むインド的世界を基礎としていますから、「ヴェーダ・ファミリー」ですし、五大思想(五大元素)も共通です。

私はヨーガもアーユルヴェーダも専門家ではありませんが、ヨーガは身体の観点から、アーユルヴェーダは医療の観点から、私たちの心身を健やかにするものと理解しています。それに加えて、住環境の観点から私たちの心身を健やかにするインド風水ヴァーストゥを実践すれば、より良い効果が期待できるのではないでしょうか。

もともとインドでは、それらの境界線が曖昧、というか同じ、というかうまくミックスしていました。

さらに現代医学とそれらがうまくミックスすれば、私たちの生活をよりよくなるのではないか。わたしはそう思っています。

それでは具体的にどうすれば良いででょう。例えばヨーガをするときは、北東、北、あるいは東に向いて実践されてはいかがでしょう。インド風水ヴァーストゥでは、祈りや瞑想するときの方位です。

また、アーユルヴェーダに則った食事をするときや治療をするときもインド風水ヴァーストゥの原則である北東、北、あるいは東に向いて実践されてはいかがでしょう。インド風水ヴァーストゥでは、消化を良くするためや早く治癒するために、その方位を向くことになっています。

詳しくはAmazon の私の書籍で。


image.jpg
posted by 多聞 望美 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ