2011年10月30日

欧米での認知度 (3)

 また、今回からGoogle日本語版の検索数を中国風水とで比較してみました。検索する単語は、インド風水が「ヴァーストゥ」及び「インド風水」、中国風水が「風水」としました。なぜ、中国風水を「風水」としたのかというと現在の日本では中国由来の「風水」は「○○風水」というのが一般的だからです。当然ながらインド風水は中国由来ではありませんので、ダブってしまいますがこれは致し方ないでしょう。

Google日本語版
 インド風水
  インド風水  1,710,000
  ヴァーストゥ  357,000
 中国風水
  風水  34,500,000

 皆さんもご自身でチェックしてみてはいかがでしょうか。




 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。コンサルテーションも始めました(有料)。info@vaastu.jpまでご連絡ください。また、詳細は私の著書をご覧ください。
posted by 多聞 望美 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践する有名人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49602613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック