2010年11月11日

現代日本への適用 (51)

 祈りや瞑想を行う部屋(日本では通常、仏壇や神棚を置く部屋)は、建物の北東、北、東、中心部です。このうち北東が最も理想的です。もちろん、宗教は問いません。

 仏像、神棚、祭壇などの位置、祈りや瞑想を行う際の方位、照明器具、棚類、写真など詳細は私の著書をご覧ください。



 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。
posted by 多聞 望美 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践のコツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41681391
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック