2010年10月02日

大富豪アンバニ氏の邸宅

 世界一広く、高額な住居がインド風水ヴァーストゥに基づいていることはご存知だったでしょうか。

 現在、世界で第4位の富豪であるムケシュ・アンバニ氏がこの住居の主なのですが、アンティラと名づけられたアンバニ氏のこの豪邸は、27階建て約173mで、この高さは60階建てビル相当するそうです。これがその世界でもっとも広く、世界で最初かつ最も高額の10億ドルの住居というわけです。この建物はインド最大の商業都市ムンバイの地価も非常に高いビジネス街の中心に位置しています。

 米国イリノイ州シカゴの建築設計会社のPerkins & Willによって設計されたこの豪邸では約600名がフルタイムで働き、ヘルススパ、収容人数約50名の小劇場、プール、庭園、宴会場、6フロアを占有する修理工場をも有する駐車場、また、最上階にはなんと3つものヘリコプター発着場まであるそうです。

 この建物にはバビロンの空中庭園をモチーフにした庭園もあり、非常に熱いインドの気候から室温を下げる効果を有する環境に配慮した設計にもなっているそうです。

 世界で有数の大富豪がどうしてここまでインド風水ヴァーストゥにこだわっているか私は非常に興味を持っています。




 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。
posted by 多聞 望美 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践する有名人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41059600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック