2010年03月21日

フォーブス誌2010年版世界長者番付 (2)

 米誌フォーブスの2010年版世界長者番付では、ムケシュ・アンバニ氏が順位を上げて4位に入ったわけですが、例年通り、マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏も順位をひとつ落としたものの2位に入りました。つまり、インド風水ヴァーストゥに関係している人物2人が、世界長者番付の2位と4位に入っているということです。

 全世界で中国風水を実践している人数に比べれば、インド風水を実践しているビジネスパーソンの人数はまだまだ少ないわけですが、それを考えるとフォーブスの長者番付に入った確率は非常に高く、比較にならないほどです。

 何度も書いている通り、インド風水を実践しているからそうなったなどと扇動するつもりはありません。ただ、今、ほかの人に先んじて実践するとなにかいいことがあるのでは、と考えるのは私だけではないはずです。

 ビル・ゲイツ氏が(意図せずに)インド風水を実践し始めたのは1980年代の初めです。現在、日本でもインド風水ヴァーストゥを実践している人口は非常に少ないわけですが、皆さんも真剣に考えてみてはいかがでしょうか。



 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。
posted by 多聞 望美 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36550800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック