2009年12月29日

人を幸せにしない宝くじ・公営ギャンブル(4)

 いよいよファン待望の年末ジャンボ宝くじの抽選日が近づいてきました。皆さん、3億円が当選するといいですね。

 ところで、いわゆる「金運がよくなる」と喧伝されている占い、おまじない、風水というものがあります。これらを実践するほとんどの方々は今回の年末ジャンボ宝くじで大金を手にするでしょうか。残念ながらそうはならないのが現実です。

 考えてもみてください。「金運がよくなる」○○というのは、おそらく数百万、数千万人の人たちが何らかの形で実践し、そのうちかなりの確率で宝くじを購入しています。これに対して、1億円以上当たる方は年間せいぜい数百人でしょう。どんなに素晴らしい占い、おまじない、風水であっても、全員が大金を当てるどころか、ごくごくわずかの方々しか大金を得ることはできないのです。つまり、「金運なにがし」などというものは最初から論理的に破綻しているのです。

 悪名高い独裁者は「人民大衆は小さな嘘には騙されないが、大きな嘘にはたやすく騙される」とその著書に書いたそうです。現代ではそのようなことはない、と断言できるでしょうか。これ以上書きませんが、私が何を言いたいのかわかっていただけるかと存じます。



 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34445562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック