2009年12月23日

マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏 (9)

 ところで「マイクロソフト社が草創期にインド風水を知らず知らずのうちに実践」と書くと「インチキだ」という人も出てくるでしょう。そこで、信頼性のあるメディアの記事を引用したいと思います。このメディアは、VOAといって、いい加減な内容を流すようないわゆる商業メディアではなく、米国政府の資金も入っている信頼できるメディアです。冷戦時代には米国政府の対共産圏向けメディアとして用いられましたが、それを考えても少なくともこの分野に関してはまともな記事を書くメディアです。全訳すると著作権を侵害するので、以下、ポイントだけ訳してみます。

 古代インドの賢者たちは人間と周辺の環境、自然と人為的環境を研究し、住環境を自然の法則に調和させることで、人間の健康と福祉のための原則を作り上げた。そして今、現代人の生活でそれが取り入れられようとしている。
 米国シアトル在住のある建築家は、1980年代初頭にマイクロソフト社の最初の自社社屋をインド風水ヴァーストゥに基づいて設計するなど、30年近くにわたってインド風水ヴァーストゥを自身の建築設計に導入したり、既存の住宅やオフィスビルの改善に取り組んできた。彼はインド風水ヴァーストゥについて次のように説明している。




 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34349328
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック