2009年12月12日

マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏 (6)

 逆に前述のインド風水ヴァーストゥの効能がなかったら企業はどうなることでしょう。例えば、ベンチャー企業の経営者は様々なプレッシャーと戦わなければいけません。 同業他社との競争、経済環境の変化、キャッシュ・フローや利益率、技術進歩などです。これに対し、思考がクリアでもクリエイティブでもない、問題処理能力と意思決定能力が低下する、健康と幸福感が弱くなる、一日を通じて感覚が鈍い、休息と快眠が得られない、活力が弱まる、精神的に不安定、だとしたら草創期のベンチャー企業はたちまち倒産してしまいます。

 仮に成功したとしても安泰としてはいられません。ビジネスでは次々と強敵が現れます。「因果応報」、つまり自分が競争相手をつぶしたのと同様に今度は自分がつぶされるかもしれないのです。



 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34159534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック