2009年12月01日

マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏 (2)

 つまり、当時、従業員わずか200人程度であったマイクロソフト社は無意識のうちにインド風水を実践していたわけです。

 従業員がわずか200人程度ということはどういうことでしょうか。今は100を超える国々に7万人以上の従業員を抱える世界的な大企業・優良企業ですが、当時はいつ倒産するかわからない中小企業だったということです。そしてそのオフィスですべてではないにしろ非常に多くの割合の従業員がそのオフィスで働いていた、ということです。


 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33961209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック