2009年11月08日

出典

 当たり前ですが、私はインド風水ヴァーストゥで世の中の事象のすべてを説明したり、解決できるとは思っていません(そんな尊大ではありません)。他方、現代科学で世の中の事象のすべてを説明したり、解決できるわけでもありません(少なくとも現時点では)。

 ですが、私自身のインド風水ヴァーストゥに関する解釈には極力出典を示すようにしています。そして、文脈を無視したり、都合のよい部分のみを引用・言い換えないよう特に注意をはらっています(絶対とは言い切れませんが)。

 その理由は、不健全な部分があれば、インド風水ヴァーストゥの説得力が大幅に低下してしまうからです(そもそも現代科学でインド風水を証明できる部分は限定的とはいうものの)。

 日本ではじまったばかりのこの分野のパイオニアとして、間違った方向に行かないようまず自分自身を律していきたいと思っています。



 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。
posted by 多聞 望美 at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
教えていただきたいのですが、中国風水ではお墓についても色々書いてありますが、インド風水ではお墓についての事は触れられいないのでしょうか?
Posted by カン at 2009年11月12日 18:34
 ご質問、どうもありがとうございます。
 墓地については、例えば、次のようなルールがあります。
・住居の近隣に墓地があってはならないが、数十メートルはなれていればよい
・過去、墓地として使われていた土地を宅地としてはいけない
 などです。
 ただし、私の解釈は「気にする必要はない」です。
Posted by 管理人 at 2009年11月16日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33500309
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック