2009年05月14日

本来の人間のバランスに戻る

 進化の過程で人間の体は、日の出とともに起きて、日の入りとともに寝るという生活に合わせて形成されています。現在のような夜でも活動できる「便利な」生活環境になったのは、せいぜいここ100年の話です。こうした近年の生活環境の変化が本来の人間のバランスを崩し、心身に変調をもたらしています。例えば、うつ病などがその例でしょう。

 とはいっても現実にはそのような人類本来の生活をしたくともほとんどの人にとっては不可能でしょう。ただ、それに近づく努力だけは続けていきたいものです。もちろん、ヴァーストゥだけで元に戻るわけではないのは言うまでもありませんが、これまでブログに書いてきたとおりインド風水ヴァーストゥの基本原則は人間本来のバランスを取り戻す機能があります。

 人間本来のバランスを取り戻すという意味では、少なくとも、西洋科学などだけに頼っていては、解決することは難しいでしょう。したがって、人によっては自然食、マクロビオティック、漢方、アーユルベーダ、ヨーガ、瞑想なども試す人がいます。中には胡散臭いものもあるようですが、一定の効果があるものがあるといわれています。ヴァーストゥは住環境の点からこれらと同様に考えていただいてよいかと思います。要は、西洋科学のよいところとそれ以外のよいところをバランスよく取り入れる、というのがポイントだと思うのです。



 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29133770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック