2009年02月20日

大富豪アンバニ氏の経歴(3)

 ムケシュ・アンバニ氏は、同社を世界企業にしようと試みており、現在、順調に進んでいます。中産階級が急速に拡大しているインドではエネルギー産業は必ず伸びるはずと彼は考えるとともに、小売業にも進出しています。

 彼はインドを豊かにし、もちろん自分の会社もさらに発展させようとしています。さらにその先には、インドの数歩前を行く中国を見据えているようです。。。。。。。

 以上がNew York Timesの特集記事の概要です。同紙はアンバニ氏を決して手放しで礼賛しているわけではありませんが、かなり好意的に扱っています。

 アンバニ氏は、日本にも縁があります。同氏は、現在、日印経済関係強化を目的とした日印ビジネス・リーダーズ・フォーラムの共同議長を御手洗日本経団連会長とともに務め、安倍首相(当時)とも会っています。通常、現役バリバリの経営者はあまりビジネスに直結しないような活動には加わらないものですが、これを含めて様々な社会的な活動も行うスケールの大きい経営者のようです。

 私には、こうした社会的な活動が単なる「金持ちの道楽」とは思えません。また、彼がヴァーストゥを実践していることは単なる偶然ではないような気もします。



 日本のインド風水ヴァーストゥ研究のパイオニアとしてインド風水ヴァーストゥに関する情報をニュートラルにご紹介しています。こちらのHPもご覧ください。
posted by 多聞 望美 at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践する有名人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26975455
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック