2017年08月26日

インド風水ヴァーストゥ V.S. 中国風水?

日本ではあまりニュースになっていませんが、現在、インドと中国は軍事的緊張の真っ只中です。

この対立は今に始まったことではありませんが原因は国境線が未確定なため。

しかし、根本的な原因は両国の覇権競争です。そして今この時期に緊張が高まっているのは、両国のそのバランスが崩れてきたことに他なりません。

そのインドのモディ首相と仲のいい安倍首相。しかし、外交的には他国の領土紛争には中立を保つというのが大原則。

今回の安倍政権の姿勢もそれに沿ったものですが、心情的には「インド頑張れ」でしょう。中国がアジアの覇権を握りつつある現状は、その少なからぬ部分が日本の覇権であったことからも当然です。日本国民の心情も同じようなものでしょう。

インド風水ヴァーストゥと中国風水は相当異なったものですが、かといって覇権を巡って対立しているわけでもありません。

ただ、「インド頑張れ」という心情が、インド風水ヴァーストゥにも流れてきて、少しでもインド風水ヴァーストゥが広まってくれたら嬉しく思います。



posted by 多聞 望美 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180784259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック