2017年06月26日

インドの名門大学が「8,000年前の建築思想」をカリキュラムとして導入

WIREDという雑誌(電子版)にインドの名門大学がインド風水をカリキュラムに導入したという記事が出ています。

要約すると次の通りです。

現グーグルCEOサンダー・ピチャイも輩出したインドの名門インド工科大学カラグプル校が2017年から「8,000年前の建築思想」をそのカリキュラムに取り入れる。この建築思想は8,000年の歴史を誇るインド風水「ヴァーストゥ・シャーストラ」。その着眼はしかし突飛なものではなく、伝統あるこの思想を、世界有数の富豪からテック大手までもが空間設計において取り入れているという。

posted by 多聞 望美 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180142202
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック