2016年05月09日

インド風水ヴァーストゥはApple社の数千年先を行っていた

 インド風水ヴァーストゥでは、寝室には鏡に相当するPCなどを置かない=見ないことになっています。これは私の著書私の7年前のブログでもご確認いただけるかと思います。

 実はこれは現代的な解釈でも妥当な考えです。

 現代の研究で、PCやスマホなどを夜見ることはスムースな入眠を妨げることが明らかになっているからです。これはPCやスマホなどの光の波長(ブルーライト)が日中の正午の太陽光並みかそれ以上であり、これにより「睡眠ホルモン」であるメラトニンの分泌が抑制されるためです。

 このため、iPhoneにも、最近、「Night Shift」と呼ばれる、日が沈み、太陽光が弱くなるタイミングに合わせて、iPhoneの画面のブルーライトを自動的にオン・オフする低減させる機能が追加されたほどです。

 インド風水ヴァーストゥは、Apple社の数千年先を行っていたわけですね。
posted by 多聞 望美 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175220369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック