2015年10月08日

スズキを再びインド風水が救う?! 〜VW不正問題〜

インド風水ヴァーストゥを実践している自動車メーカーのスズキ。スズキが子会社工場での労働争議にあたり、インド風水ヴァーストゥを実践して解決を図り、業績をV字回復させたことは前にも書いたところです。

このスズキをまたもやインド風水ヴァーストゥが救ったかもしれません。

今回は「環境大国」ドイツが世界に誇るフォルクスワーゲン(VW)のクリーンディーゼル・エンジンの不正問題。9月に発覚しましたね。

VW社はこの問題で、日本円にして2兆円を超える制裁金が課せられる可能性もあり、経営危機もささやかれています。

このVW社と地獄へ道連れにされる寸前で「神回避」したのがインド風水ヴァーストゥを実践するスズキです。

スズキは、4年間にもわたるVW社との交渉がやっとまとまり、念願の提携解消できたのがやっと8月末。間一髪です。

懸念されていた所有するワーゲン株についても、すでに売却済み、純益を出していたそうです。このため、「スズキ、神すぎる」とネット上では大きな反響を呼んでいるそうです。

創業したばかりのマイクロソフト社がインド風水ヴァーストゥを実践して、世界一の企業にしたのは有名な話ですが、やはりインド風水ヴァーストゥは「何か持っている」、というのが私の結論です。

この私のブログを読んでくださっているのも何かの縁。だまされたと思って実践してみては如何でしょう。

posted by 多聞 望美 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165247615
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック