2015年07月16日

北枕はダメ ー「北枕は健康に良い」は都市伝説で何の根拠もない ー (3)

より具体的にはこの研究は、仰向けで就寝中の頭部の方位が、心拍数、血圧や血清コルチゾールにどのような影響を与えているかを観察研究したものです。

12週間にわたり、ヒマラヤ医学研究所生理学部の18〜25歳の40名の女子医学生を被験者として、頭部をそれぞれ東西南北に向けたグループに分けて、毎晩8時間、就寝させ、収縮期血圧、拡張期血圧、心拍数を記録し、血清コルチゾールを測定しました。

こうした異なる方位のパラメータを比較することでわかったことは、統計的に有意であり、被験者の収縮期血圧、拡張期血圧、心拍数及び血清コルチゾールで最も低い数値であったのは、12週間、頭部を南に向けて就寝したグループでした。
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/148524754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック