2015年06月15日

ソフトバンク孫氏の後継者はインド人 (15)

インド風水には、理数系に強いインド人エリートが信じて当然の合理性があります。

現代的な解釈、すなわち西洋医学的にも相関関係が明らかになってきているからです。

朝の日光は人間の概日リズムを整えるだけでなく、ダイエットにもつながります。

インド風水の過度の紫外線を予防する仕組みは、アンチエイジングに貢献するでしょう。

昼から夕方にかけての日光を防ぐことで、わざわざメラトニンなどを服用しなくても、穏やかな入眠を促すこともわかっています。

南枕は、血圧と心拍数を抑えることが、医学的研究によって明らかになっています。すなわち、快眠が得られるということです。

ハッキリとした実益があるのです。

*********
以上で15回にわたってお送りしてきた「ソフトバンク孫氏の後継者はインド人」のシリーズは終了です。

そこで感じたのは、インド風水はインド国内ではなく、国外で実践した方が効果がてきめんであるような気がしてなりません。皆さんはどう思われますか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/136274316
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック