2015年06月14日

ソフトバンク孫氏の後継者はインド人 (14)

仮に皆さんがアローラ氏と会話する機会があり、「インドではインド風水ヴァーストゥというのがあるそうですね。実践しておられますか?」と聞いたとします。

「そうだ」という答えはまず返ってこないでしょう。

「ああ、そんなの迷信だ」と言われるのが関の山でしょう。

しかし、それを額面通りに受け取ることは危険です。トップになるような人こそ迷信を信じるものです。

特に、人一倍の努力に加えて、運も味方に出世してきたアローラ氏のような人物はその傾向は高いでしょう。

意外かもしれませんが、アローラ氏のように理数系が強い人もいわゆる迷信と呼ばれるものを信じる傾向があります。

研究を重ね、発見が増えれば増えるほど、疑問が次々と現れてくるからです。天文学でも物理学でも宇宙の始まりと終わりはわかっていません。いずれそれがわかるかどうかもわかりません。

ヒンドゥー教ではそれを説明しています。それをどう感じるかは人それぞれですが。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/136272111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック