2015年05月25日

首相だってインド風水

安倍首相の”盟友”インドのモディ首相。

昨年の演説で首相は、インド風水ヴァーストゥに言及しています。

首相がインド風水ヴァーストゥを信じ実践しているかはともかく、一国のトップが演説で言及するほど大衆に浸透している証。

インドではインド風水ヴァーストゥは普通の民俗文化です。怪しいカルト等ではないことはご承知おきを。

***********************************************
Vastu on lips, Modi takes India’s ‘ishan kon’ by storm


Guwahati: Prime Minister Narendra Modi borrowed heavily from Vastu Shastra as he termed the northeast, India's 'ishan kon' (the northeastern corner), and said the region must be taken care of to ensure the country's well-being.
ナレンドラ・モディ首相は、インド風水ヴァーストゥを借用し、「インドの北東地方はインドの"ishan kon(北東角)"であり、この地方がインドの繁栄のために必要である」と述べた。

Flagging off Meghalaya's first train and laying the foundation for the Bhairabi-Sairang broad gauge rail line in Mizoram here on Saturday, Modi resorted to ancient Indian design principles to highlight the northeast's importance in his government's scheme of things.
鉄道の開通式に臨んだモディ首相は、同政権の政策におけるインド東北部の重要性を強調するために、古代インドの建築設計の原則を用いた。

"Those who believe in Vastu Shastra know that the 'ishan kon' of a house should be taken care of. Likewise, the northeast should be developed for the progress of the country. The northeast (comprising eight states) is the 'Asta Lakshmi' (eight goddesses of wealth and prosperity). Proper connectivity and infrastructure will transform the northeast into a region of prosperity," Modi said.
「インド風水ヴァーストゥを信じている皆さんは、家の北東角がとても重要であることはご存知だと思います。同じように、我が国の発展のためには北東地方の開発が必要なのです。8州から成るインド北東地方は、富と繁栄を象徴する8つの女神である"アスタ・ラクシュミ"です。交通アクセスとインフラの整備はこの地方を繁栄へと導くことでしょう」とモディ首相は述べた。

He took a dig at the previous UPA government's 'failure' to capitalize on the northeast's potential.
同氏は北東地方の潜在力を強調しようと、前国民会議派政権の「失政」を非難した。

"When the right infrastructure is in place, development follows. South Korea transformed itself from a poor nation to a prosperous one because of adequate infrastructure. Here, in India, the Commonwealth Games held a few years ago brought shame and embarrassment," Modi said, referring to the CWG scam during the UPA's regime.
「インフラが正しく整備されるなら、発展が伴う。韓国が貧しい国から豊かな国に変貌したのは、インフラが適切だったからです。翻って、我が国は2010年に開催された英連邦の総合競技大会"コモンウェルスゲームズ"では失態続きでした」とモディ首相は述べ、インド国民会議派政権時のコモンウェルスゲームズで起こった問題に言及した。

"The whole of India will look at the northeast as a tourism destination if you have proper infrastructure in place. Youths from the region will no longer have to travel to other states for jobs. Prosperity will reign in the northeast. Connectivity via railways is high on our priority list. Hence, we have earmarked Rs 28,000 crore for various rail projects in the region," Modi added. He talked about creating information "highways", along with road highways, in the northeast to make "digital India" an all-encompassing and inclusive concept.
「もしインフラ整備が適切になされる長、インド全体が北東地方を観光地として注目するでしょう。この地方の若者はもはや職のために移住する必要はありません。北東地方は繁栄を謳歌できるのです。鉄道網の整備は、最も優先順位が高い政策です。したがって、様々なプロジェクトに多額の予算を計上しています」とモディ首相は付け加えた。同首相はまた、高速道路沿いに"情報ハイウェイ"を構築することにも言及した。

Apart from railway minister Suresh Prabhakar Prabhu, Assam chief minister Tarun Gogoi and his Meghalaya and Mizoram counterparts, Mukul Sangma and Lal Thanhawla, respectively, were present at the function.
この式典には内閣からは鉄道大臣などが出席した。

Assam governor J B Patnaik, Meghalaya governor Krishna Kant Paul, Union MoS for home Kiren Rijiju and Union MoS for sports Sarbananda Sonowal were also present at the event.
州政府からも知事などが出席した。

Modi flagged off the first passenger train from Mendipathar in Meghalaya by remote control from the North East Frontier Railway (NFR) headquarters at Maligaon in Assam. With this, Meghalaya entered the railway grid of the country. The Dudhnoi-Mendipathar rail line moves from Assam's Goalpara district to Mendipathar in North Garo Hills district of Meghalaya. Nagaland, Tripura and Arunachal Pradesh are already on the country's railway map, while work along the Jiribum- Tupul track in Manipur is on.
モディ首相は、一番列車の発車ボタンを押し、これによりメガラヤ州が国の鉄道網に入り、利便性が向上することになる。

In Mizoram, the 1.5-km, meter-gauge line up to Bhairabi is being converted. When completed, the Bhairabi-Sairang rail line will cover 51.38 km, touching Kolasib and Aizawl districts of Mizoram.

Modi said he wanted 100% private investment in the railway sector to improve and modernize its services in the country. "We want both horizontal and vertical expansion of railways to make this sector the backbone of our economy in a very real sense. We want private parties to invest in railway stations so that they have facilities and services at par with airports," Modi said here on Saturday. He said railway universities will be set up in four parts of the country to teach all aspects of the sector.
「我々は切に経済の屋台骨として鉄道を総合的に発展させたい。民間による鉄道駅への投資によって、これを空港並みの水準することを期待したい」と同首相は述べ、鉄道部門の改修と近代化のために民間投資が必要性を強調した。モディ首相はまた、鉄道大学を開設する旨も発表した。

******************************************************


posted by 多聞 望美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践する有名人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/133685278
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック