2015年05月29日

ヨガとインド風水は不可分の関係 (2)

ロサンゼルスのヨガ専門誌「LA Yoga」の記事を紹介する第2回目です。


*********************************************
History of Vastu Shastra
インド風水ヴァーストゥの歴史

Vastu probably predates the Vedas, going back as far as 7,000 years. The Vedas, considered to have no beginning and no end as well as no authorship, were vibrations from the universe picked up by the rishis (sages), the only mortals who had attained enough spiritual enlightenment that they could hear the pure vibrations of the universe. This is when the first oral transmission of vibrational qualities is thought to have occurred.
インド風水ヴァーストゥの起源は、ヴェーダ時代(訳者注:紀元前1500〜600年頃。日本でいうと縄文時代後期から飛鳥時代にかけて)よりも古い7000年前(訳者注:日本でいうと縄文時代前期)まで遡ることができるだろう。ヴェーダというのは、聖人たちによって明らかにされた宇宙のバイブレーションで、作者も終わりも所有者も何もないものだ。この聖者たちは、十分な悟りを開いた唯一の死ぬ運命にあるものたちで、宇宙の純粋なバイブレーションを聞くことができる。

The primal sound AUM, or OM as it is more commonly known, is what we today identify as our connection to the distant beginnings of the manifestation of sound on the planet. There is no real yoga class that does not invoke OM as part of the teachings and practices and means nothing less than the essence of the Supreme Creator, the coexisting breath of the Paramaatma, Brahman.
オームという呪文は今日では、地球における音の表れの遠い始まりと捉えられている。オームという呪文なくしては本当のヨガとは言えない。オームは、究極の創造主のエッセンスに他ならない。

Early on, the rishis had identified the five elements of space, air, water, fire and earth. Here, we are considering thousands of years of contemplation on the nature of existence, neither possible nor probable in the environment in which we live today. Yes, space was discerned as a subtle energy and dynamic element out of which all objects of nature come into existence and ultimately into which all disappear.
はじめに聖者たちは空、風、水、火、地からなる5つの要素を発見した。数千年も我々は我々を取り巻く環境の曖昧ではない存在の本質について考えてきた。そして、宇宙は自然界のあらゆる物質によって形作られ、そして消滅する微妙なエネルギーとダイナミックな要素で形作られていることが明らかになったのだ。

The rishis also determined that there is a higher Self (having heard the sounds of the universe, what would you expect?). In Hinduism this higher Self is referred to as ‘Brahma’ and there is ample mythology surrounding how Brahma first manifested. It may be metaphor, as is the case in every sacred scripture, but even today Brahma is used to denote the universal Self within all of us. The interconnectedness of all that is, “Tat Tvam Asi,” is a fundamental concept of all Vedic disciplines: Yoga, Ayurveda, Vastu, Jyotish (astrology), dance, art and music.
また聖者たちが発見したものの一つに、より高い次元の自己がある。ヒンドゥー教では、高い次元の自己をブラフマーと言い、どのようにブラフマーが生まれたのかについての沢山の神話がある。すべての神聖な経典と同じように、それは隠喩かもしれない。しかし現在でもブラフマーは我々すべての中にある普遍的な自己を象徴している。梵我一如(Tat Tvam Asi)と呼ばれる相互関連性の考え方は、すべてのヴェーダの規範、すなわちヨガ、アーユルヴェーダ、インド風水ヴァーストゥ、ジョディシュ、ダンス、芸術、音楽の基本的な概念だ。

Vastu actively considers how it is possible to bring Brahma to form. And, the first Vastu structures were Indian temples in which the intention was to realize and honor the universal Self on a physical plane. A lofty goal, to be sure, for what we today call architecture.
インド風水ヴァーストゥの中心的な教えの一つにブラフマー、すなわちより高い次元の自己をどのように形作るのかということがある。そしてそうした意図が実現でき、物理面で普遍的な自己を授ける点で、インドでは寺院がまず最初に来る。我々が今日、建築と呼んでいるものが、確かに一つの崇高な目標なのである。

The rishis also figured out that everything that exists is animated, alive, due to vibrational qualities. Even today scientists are still playing around with whether water molecules have specific vibrations. Wouldn’t this also apply to buildings? They exist, don’t they? If that is the case, then why not create dwellings that are perfect in terms of universal vibrations and which manifest all the aspects of the universe, based on the Supreme Self, the rising and setting of the sun, the influence of the planets and the aspects of the various deities?
また、他に聖者たちが見つけたことは、存在するものすべては振動の質によって活性化されるということだ。今日でも科学者たちは水の分子が特定の振動かどうか議論している。これは建物にもあてはまらないのか。それらは存在するのかしないのか。もしそうなら、個の根源、太陽の運行、惑星の影響と様々な神の要素に基づく宇宙の振動とその全ての要素を表す点で完璧な住宅を作らないのか?

*************************
次回もお楽しみください。
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/128453338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック