2014年10月08日

欧米での普及に関する記事 (5)

インド風水ヴァーストゥの米国での広まりについて、やはりまた古いのですがロサンゼルスタイムズ紙の2000年9月の記事です。"More Americans Are Making Space for Vastu(インド風水ヴァーストゥに関心の米国人増加中)"というそのものの記事です。

我々米国人はやっと中国風水(feng shui)の発音と家じゅうに鏡やクリスタルを配置するものなのだ、ということを学んだところだが、さらにもうひとつ東洋から調和と繁栄を約束する古代の家政学が登場した。"vastu"これを皆さんは発音できるだろうか?
我々の生活環境を調整することで人生を変えると信じられているヒンドゥー教の哲学であるインド風水ヴァーストゥは、古代インド以来の数千年の歴史を有しており、広く普及し人気を得ている。
インド風水ヴァーストゥの原則は、空、風、火、水、地で構成される五大思想であるーーーーーインド風水ヴァーストゥの新しい書籍をAmazonから出版しました。全く知らない方向けの「はじめてのインド風水ヴァーストゥ」と、より詳しく知りたい方向けの「インド風水ヴァーストゥ〜欧米で秘かに広がる最古の風水〜」です。
posted by 多聞 望美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧米での普及
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102740331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック