2015年08月28日

インド風水ヴァーストゥ ワンポイント・アドバイス

寝室のベッドの位置は南西が最適で、南、西でもかまいません。ただし、壁からは少し離してください。

例外も含む詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2015年08月25日

オレゴン州

米国西海岸オレゴン州で最大の日刊紙「オレゴニアン」でインド風水ヴァーストゥが取り上げられています。

オレゴン州はマイクロソフトやスターバックスの本社があるワシントン州とアップルやグーグルの本社があるカリフォルニア州の間にある比較的リベラルな州で、インド風水ヴァーストゥが受け容れられやすい州でもあります。

要旨は次のとおりです。

***********************************************
誰もが新しい家で幸運を祈るものだが、インド人はそれ以上だ。彼らは富、健康、幸福のための儀式をおこない、インド版風水とも呼ばれるインド風水ヴァーストゥの原則に基づく住まいづくりを行う。

米国オレゴン州にあるオスウィーゴ湖の畔の若い医師の新しい住まいは、両親の影響で伝統的なインド建築の要素を現代風にしたものだ。

この家にはその東側にプージャと呼ばれる礼拝室やネガティブな気をもたらすと考えられているため天井に電灯がない主寝室がある。2つあるキッチンのうちのひとつはスパイス関係の食品だけのためのものだ。

この家の設計は、環境が人々に影響を与える、という考えを持つ設計会社によって行われ、”セレニティ”と名付けられた。

自然と調和して暮らしていくために、敷地整備、レイアウト、測定やスピリッチュアルな幾何学的形状などがインド風水ヴァーストゥに基づき、考慮された。

この二階建ての家の外壁には杉や雲母などの天然素材が使われている。

(中略)

敷地を整備する前に、オーナーである両親は、起工式を行った。儀式は3回もあり、縁起の良い日時に営まれた。これには竣工式と披露式が含まれる。

毎回、ミルク、スパイスとお香が、敷地と建物を浄化するのに用いられ、デベロッパーらには、果物やチョコレートなどの伝統的な贈り物が振る舞われた。

あるインド風水ヴァーストゥのWEBサイトによると、インドでは、新居披露式は結婚式の次に重要な儀式だ。

ガネーシャ神とラクシュミ神を崇める人々は、線香の煙と樟脳火を巡らせ、ココナッツ、ハーブやスパイスを用いながら、平穏でありたいとする居住者の希望を断言する。

新居のためのインド風水ヴァーストゥ:

インド各地では、インド風水ヴァーストゥを通じた健康や幸福の実現には、様々なバリエーションがあるのだが、以下は、あるインド風水ヴァーストゥのWEBサイトからの新居に関するいくつかのアイデアを抜粋したものだ。

・ドア、窓や柱の数は偶数
・階段の段数は奇数
・南西の窓は禁止
・東と北の空きスペースは、他よりも多く
・井戸、水槽、池、プールや噴水は北東
・浄化槽タンクや排水口は、南東または北西
・キッチンが南東なら、調理中は東を向いて。北西の場合は、北を向いて
・建築は北東から時計回りに
・建築資材は敷地の南西で保管を
・主寝室(南西)の床は、他の部屋に比べて1〜6インチ高く
・北と東に屋根裏はなし
・建物は正方形や長方形のいずれか
・階段は時計回り
・ 屋根からの雨水は北や東のいずれかに


posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧米での普及

2015年08月24日

ノラ・ジョーンズ

私の好きなジャズボーカリストカートの一人にノラ・ジョーンズがいます。代表曲の『Don't Know Why』は、何度聞いても飽きがきません。日本でも非常に人気がありますね。

インドはもとより欧米でも有名なシタール奏者だった彼女の父はインド人ですが、コンサートプロデューサーだった母はアメリカ人で、ノラもアメリカ生まれですから、ノラはインド系アメリカ人です。

ちなみに、ジョージ・ハリスンにシタール教えたのはノラの父です。

インド風水ヴァーストゥとは関係ありませんが。

https://www.youtube.com/watch?v=tO4dxvguQDk
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インド系の活躍

2015年08月21日

インド風水ヴァーストゥ ワンポイント・アドバイス

家具の形は、原則として正方形か長方形であって、丸形や卵形ではいけません。

例外も含む詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2015年08月20日

600億円

以前からフォローしているソフトバンク孫社長の「最重要の後継候補」である、インド人のニケシュ・アローラ副社長。

同氏が自己資金約600億円で自社株を購入することが話題になっています。

これはどういうことかというと、「個人としてもソフトバンクの将来性にかけた」とのコメントで全てが説明出来るでしょう。言い換えると、「ソフトバンクと生死を共にする」ということでしょうか。

孫社長は、今回の発表に合わせ、改めて「適切な時期に事業を引き継いでもらうことを期待している」とのコメントを出したそうです。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6171327
posted by 多聞 望美 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | インド系の活躍

2015年08月19日

ウォール・ストリート・ジャーナル紙

ウォール・ストリート・ジャーナルもGoogleのピチャイ氏はじめとしたインド人の活躍を伝え、その要因について分析しています。

一言でいうと、彼らは、未来志向で、個人的な謙虚さとプロフェッショナルとしての濃密な意思という逆説的な組み合わせを兼ね備えているため、大した混乱もなく驚異的な業績を達成し、優れた組織を築いた、のだそう。

バランスです。バランス。インド風水もそう。

http://m.jp.wsj.com/articles/SB10171014995452453472504581165831470448022?mobile=y
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | インド系の活躍

2015年08月18日

「毗羅書扎(印度建築風水經典)」

日本の数少ないアジアでの友好「国」である台湾。

その最大の発行部数を誇る「自由時報」でインド建築の特集をしています。

その記事の中でインド風水ヴァーストゥも少しだけ取り上げられています。

簡潔に書くと、「インド建築は古来幾多の民族・文化・宗教の興亡の中で形作られてきた。インド風水ヴァーストゥの伝統も現代に脈々と引き継がれてきている」というものです。

ところで、中国語でインド風水ヴァーストゥ=ヴァーストゥ・シャストラは、「毗羅書扎(印度建築風水經典)」って書くのですね。

http://talk.ltn.com.tw/article/breakingnews/1412525
posted by 多聞 望美 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月17日

ついにGoogleも

インド人パワー、そしてもしかしてインド風水ヴァーストゥが最先端のテクノロジーの世界を席巻しています。

Microsoft、Softbankに続きGoogleのCEOもインド人になったからです。

新しいGoogleのCEOは、サンダー・ピチャイ氏、43歳。移民一世で大学卒業後に米国に奨学金でやってきました。

サンダー・ピチャイ氏の人柄は、報道によるとつぎのようなものといいます。
・控え目で、人々に共感を示し、支援を惜しまない態度で、難しい判断を行っていく
・対立することを避け、協調の大切さを力説する
・常にチームのメンバー全員に、仕事の意義を理解させることを徹底する
・常に人間関係を良好に保つ。彼のことを悪く言う人はいない

インド風水ヴァーストゥとかなり重なっていますね。

http://forbesjapan.com/translation/post_7649.html
posted by 多聞 望美 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | インド系の活躍

2015年08月14日

インド風水ヴァーストゥ ワンポイント・アドバイス

ダイニング・テーブルの設置位置は、部屋の南東で、壁につけてはいけません。

家の主人は北か東に向かって、訪問客は西に向かって座ってください。

例外も含む詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2015年08月12日

ヨーガとインド風水の深い関係

日本でもすっかり定着したヨーガ。ヨーガは、もともとは古代インド発祥のヒンドゥー教の代表的な修行法です。

ヨーガの原型らしきものはモヘンジョダロなどのインダス文明の遺跡から神像などの形で出土しており、そのはるか昔からあったものと想像できます。

インド風水ヴァーストゥも同じくインダス文明の時期(紀元前2600年頃から紀元前1800年頃)には原型が出来ていたことがモヘンジョダロやハラッパーなどの遺跡からわかっていますから、ヨーガとインド風水ヴァーストゥは、共通の土壌のうえに発展してきた「兄弟」とも言えるでしょう。

この兄弟は、健康・精神統一法はヨーガ、住環境はインド風水ヴァーストゥという大まかな役割分担をしながら世代を超えて伝えられていきました。

ちなみにヨーガによる修行は日本の仏教の「禅」につながっています。紀元5世紀ごろには「ヨーガ・スートラ」を根本経典とし、発展してきたものが仏教にも広く取り入れられ、安倍総理、中曽根元総理やアップル社のスティーブ・ジョブズ氏も実践した禅につながっていったのです。つまり、インド風水ヴァーストゥから見れば「甥っ子」といったところでしょうか。

ヨーガと禅は、姿勢を正し、呼吸や感覚を整え、精神統一するのは同じです。ただし、すこし乱暴な分け方をすると、禅はひたすら「無」を追求するのに対し、ヨーガは身心の健康を増進させるという違いがあると聞きます。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131213/257036/?rt=nocnthttp://mainichi.jp/select/news/20150725k0000m010111000c.html
posted by 多聞 望美 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2015年08月07日

インド風水ヴァーストゥ ワンポイント・アドバイス

部屋の北東側はオープンスペースにし、重いものを南西側に置くことが基本です。

したがって、家具も出来る限り、部屋の南西、南、西に置いてください。

やむを得ず家具を北東に置かなければならない場合はどうしたら良いでしょう。

詳細は私の書籍をご参照ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス