2015年06月15日

ソフトバンク孫氏の後継者はインド人 (15)

インド風水には、理数系に強いインド人エリートが信じて当然の合理性があります。

現代的な解釈、すなわち西洋医学的にも相関関係が明らかになってきているからです。

朝の日光は人間の概日リズムを整えるだけでなく、ダイエットにもつながります。

インド風水の過度の紫外線を予防する仕組みは、アンチエイジングに貢献するでしょう。

昼から夕方にかけての日光を防ぐことで、わざわざメラトニンなどを服用しなくても、穏やかな入眠を促すこともわかっています。

南枕は、血圧と心拍数を抑えることが、医学的研究によって明らかになっています。すなわち、快眠が得られるということです。

ハッキリとした実益があるのです。

*********
以上で15回にわたってお送りしてきた「ソフトバンク孫氏の後継者はインド人」のシリーズは終了です。

そこで感じたのは、インド風水はインド国内ではなく、国外で実践した方が効果がてきめんであるような気がしてなりません。皆さんはどう思われますか。

ヨガとインド風水は不可分の関係 (4)

ロサンゼルスのヨガ専門誌「LA Yoga」の記事を紹介する最終回です。


*********************************************
Applying Vastu Shastra
インド風水ヴァーストゥの実践

Often we can simply intuit some of the principles of Vastu. In the morning, which direction do you face to greet the sun? The direction of light, enlightenment and inspiration. In yoga, surya namaskar (sun salutations) is a universal practice. It is believed that the best rays of the sun come just before dawn, an ideal time to practice yoga for maximum rejuvenation. Vastu directs that the rays of the sun should filter into a building during the morning when sunlight is neither too bright nor too hot.
我々はしばしばインド風水ヴァーストゥの原則を率直に直感できる。朝、太陽に挨拶するためにあなたはどの方位、すなわち、光、悟り、ひらめきの方位に顔を向けるだろうか。ヨガで、太陽への挨拶を意味するスリヤ・ナマスカールは、非常に一般的なプラクティスだ。最も好ましい太陽の光は夜明け直前の光だ。この時間帯は活力回復を最大化するヨガのプラクティスを行う上で理想的でもある。

However, by understanding Vastu’s basic principles of the directions and the elements on the Vastu Purusha Mandala, more beneficial changes will occur. Michael Mastro, Seattle based architect and expert on the art and science of Vastu Shastra, says, “The house is a blueprint of your life.” If there is a missing Southeast corner in the home, for example, Mastro can tell almost instantly that the person is having trouble with their energy level. Diabetes or other health problems that are related to pitta (one of the three doshas in Ayurveda) may be occurring. Similarly, Vastu says that if the Southwest corner is given over to a child’s bedroom, the child will rule the home. The Mastros had that exact problem years ago with their daughter. As Mastro studied Vastu at the encouragement of Maharaji Mahesh Yogi, he and his wife, Robin, took the Southwest corner as their bedroom when they moved into a new home and the problem was solved in about six months.
しかしながら、インド風水ヴァーストゥの方位の基本法則とヴァーストゥ・プルシャ・マンダラの要素を理解することによって、より利益のある変化が起こるだろう。あるインド風水ヴァーストゥの専門家は、住居は人生の設計図で、もし、南東に問題があるなら、人はエネルギーのレベルに問題を生じるだろう、と言う。ピッタ(アーユルヴェーダで3つのドーシャの1つ)が関連する糖尿病やその他の健康上の問題が発生するかもしれない。同様に、インド風水ヴァーストゥでは、南西が子供の寝室の場合、その家は子供に振り回されることになるのだという。その専門家は、そのような問題を自分の娘で経験したと言う。そこで、その専門家夫妻が新居に引っ越す際、南西の部屋を自身の寝室にしたところ、6ヶ月後に解決したのだと言う。

Vastu addresses other common considerations besides who has control over the home or workplace relative to their space assignment on the Vastu Purusha Mandala. Questions about finances, health, relationships and career are those most frequently asked, says Mastro, who designed the first Microsoft office building in Kirkland, Washington. He did this without ever revealing he was using principles of Vastu. Today, many of his clients are young Indian Microsoft millionaires looking for homes, and their family members may have mentioned they should find someone with knowledge of Vastu to pick the appropriate house that’s going to have a good influence on their life.
インド風水ヴァーストゥは、住居や職場以外の事象も対処できる。頻繁に質問を受けることは、お金、健康、人間関係や仕事に関することだ、とその専門家は語る。この専門家は、マイクロソフト社のワシントン州カークランドにある同社最初の社屋を設計したことで知られる。彼はマイクロソフト社にインド風水ヴァーストゥの原則を用いることは黙ってこの社屋を設計した。今日では、彼のクライアントの多くは、若いインド人のマイクロソフト社の億万長者だ。そして彼らの家族は、次のように言っているかもしれない。人生に良い影響を与えるだろう適切な家を見つけるために、インド風水ヴァーストゥの知識がある誰かを見つけるべきである、と。

Each ‘symptom’ that a client wants addressed can be viewed as a deficiency in the flow of prana within the space related to improper use of the space per one or more of the cardinal directions. Just as in yoga, we practice asana and pranayama to enhance the free flow of prana, so it is in Vastu that energy can be unblocked, moved and shifted. Says Mastro, “Like in yoga, we’re reducing stress. Not in the body, but in the environment. Getting energy to move that is stuck, wherever it is stuck, will have a specific influence.”
それぞれのクライアントの”症状”は、空間内の気(プラーナ)の流れの不足と考えられる。これは、空間の不適切な使用に関連するものだ。我々がヨガで行うプラーナの自由な流れを高めるためのアサナとプラナヤマのように、インド風水ヴァーストゥではエネルギーをスムースに流すことができる。人体ではなく環境中でエネルギーを流れるようにするために、具体的な影響力を持つことになる。

Michael Borden, however, is quick to point out that some problems can’t be solved, because a client may not be willing or able to make the changes recommended. These changes may involve cutting down a tree that is blocking the free flow of energy into their home from the North or moving the swimming pool from the Southeast, the abode of the element of fire. And then there is the problem of improper orientation of the house when it was built. Borden looks at the floor plan in relationship to the cardinal points of the compass. If the building is twisted, he believes it’s almost impossible to apply the principles. He does, however, assess in a very informal way, how people feel about their home. There is often disharmony created by mental activity if residents are worried about something in the home.
しかし、別の専門家は、いくつかの問題は解決できないと述べている。なぜなら、クライアントは、推奨されたことを実行したがらないからだ。それには、北から自宅へのエネルギーの自由な流れをブロックする木を伐採することや、火の要素の南東からプールを移すことも含まれる。家の不適切な方位の問題もある。専門家は、方位との関係で、フロアプランに着目する。建物にねじれがある場合、インド風水ヴァーストゥの原則を当てはめるのはほとんど不可能だ、と彼は考える。しかし彼は、いかに人々が家で感じるかを非常に非公式な方法で評価する。家に住む人が心配しているような場合は、精神活動による不調和がしばしば見られる。

But almost any environment can be transformed into positive energies if people can gain ease about their existing situations and learn to honor their house, as a living being, with respect, and gifting it and caring for it. “Look at Nelson Mandela in prison writing beautiful stuff and inspiring the world.” “But,” he adds, “If I can’t help them, they should enter into a relationship with the house.”
しかし、ほとんどすべての環境は、人々が彼らの現状についての安寧を得、彼らの家を尊重することを学ぶことができれば、ポジティブなエネルギーに変換することができる。

Cox, who studied traditional Vastu in India for many years, hopes to empower people with Vastu. She believes they should “take hold of the one last thing that they completely control – their personal space – and use the power of that space in a positive way so that it increases their well-being.”
Urban apartment dwellers can apply the Vastu Purusha Mandala to their spaces, including individual rooms, and if they can’t exchange the bedroom location with the kitchen to put the space into proper orientation, she helps them work with what is there. That means making sure the center of a room is empty space and possibly placing a carpet there as well as honoring nature, both in the home or workspace. Cox emphasizes choosing organic over synthetic, for example. She has also seen that the presence of plants in children’s rooms lowers their stress level and calms them down. The shape of the table we eat at or meet at influences our behavior, too; there is faster energy in circular patterns so if the table is round, then the meal or meeting will be quick, but if it is rectangular it will be slower and calmer.
長年、インドで伝統的なインド風水ヴァーストゥを学んだ別の専門家は、インド風水ヴァーストゥで人々を力づけたい、と考えている。この専門家は、人々は個人的な空間を完全に支配し、積極的な方法でその空間の力を使うことによって、幸福が促進されることを最終的に理解すべきだ、と信じている。都会のアパートの居住者も、ヴァーストゥ・プルシャ・マンダラを個々の部屋を含む彼らのスペースに適用することができる。もし、適切な方位のためにキッチンと寝室を交換できないなら、専門家がサポートできる。部屋の中央は、自宅も職場もカーペットだけでなく自然に敬意を表する空のスペースでなければならない。その専門家は、オーガニックなものを選ぶことも強調している。また、ストレスを軽減させ、落ち着かせるために、子供部屋に植物を置くことも推奨している。テーブルの形も我々の行動に影響を与えるという。円はエネルギーが早く流れるので、テーブルが円形の場合、食事や会議が迅速になり、長方形の場合、ゆっくりかつ穏やかになる。

The environment is all that is, and we are inseparable from it. According to the Vedas, all vibrations of the universe are innately in perfect order and harmony, and if disturbed, they will result in chaos and disharmony. Even when we practice asana, pranayama and meditation diligently through yoga practice and care for our bodies and minds according to Ayurveda, all still may not be well in our lives. It is possible that the missing piece of the puzzle might be Vastu Shastra.
我々は環境とは不可分の関係だ。ヴェーダによると、宇宙のすべての振動は完璧な秩序と調和して本質的であり、乱されるなら、混沌と不調和になる。アーユルヴェーダによると、私たちがヨガを通じて、熱心にアサナ、プラナヤマと瞑想を行い、体と心のケアを行っても、十分ではないかもしれない。この欠けている部分がインド風水ヴァーストゥであるかもしれない。

***************************
お楽しみいただけましたか。最終パラグラフが結論です。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ