2015年06月07日

ソフトバンク孫氏の後継者はインド人 (7)

家庭でも愛国的です。

海外に出て成功すると、現地の女性と結婚するものですが、最近再婚した彼の奥さんは生粋のインド人です。

家庭でインド人同士であれば、インド的なものが維持される可能性は高まりまります。

しかも、奥さんのエイヨシャ・タパーさんはインド中堅財閥オーナーのご息女でモデルでジュエリーデザイナーなのだそう。

ちなみに、ものすごい美人インド版VOGUEの常連のようですね。

閨閥でもインドにがっちり組み込まれています。

ヨガとインド風水は不可分の関係 (3)

ロサンゼルスのヨガ専門誌「LA Yoga」の記事を紹介する第3回目です。


*********************************************
How Does Vastu Work?
インド風水ヴァーストゥはどのように働くのか

Vastu suggests particular placement for the cardinal directions (north, south, east and west) and the five elements (earth, air, water, fire and space) on a rectangular grid that has as its center, the divine Self, Brahma. We as humans are manifestations of the divine Self. A primary tool that illustrates this view and is used to implement Vastu is the Vastu Purusha Mandala (See diagram p.36), a Vedic architectural blueprint in which the element of space is its center. Purusha means the unseen spirit or energy. The rectangle is considered the perfect shape. Says Kathleen Cox, Vastu expert and author of “Vastu Living,” “if we ignore the important principles conveyed through the diagram, we compromise our well-being and show disrespect for all creation.”
インド風水ヴァーストゥは、中心に最高神ブラフマのある長方形のグリッドによって、方位(東西南北)や5つの要素(地、風、水、火、空)の具体的な場所を提案している。そして、我々人間は、最高神の化身なのだという。こうした考えを図式化し、インド風水ヴァーストゥを実践するために用いられる主要な道具が、ヴァーストゥ・プルシャ・マンダラである。これは宇宙の要素が中心に置かれたヴェーダの建築設計図である。プルシャは、目に見えない精神またはエネルギーを意味する。「長方形が完璧な形状だと考えられている」とあるインド風水ヴァーストゥの専門家は述べる。もし、インド風水ヴァーストゥの原則を無視するなら、幸福で妥協し、万物に対して無礼な振る舞いを示すことになるのだという。

Entire structures, living spaces, work spaces and even individual rooms are assigned on the basis of energy zones in the Vastu Purusha Mandala. Architect and Vastu expert Michael Borden says in his Vastuved Design Course, “according to Vastu Science, a network of energy lines covers the globe of the Earth: an energy grid. The lines are conduits by which the energy concentrated at the center of the vital Earth flows out and spreads over the Earth.”
すべての構造物、住居、職場と個々の部屋は、ヴァーストゥ・プルシャ・シャマンダラにおいて、エネルギーゾーンに基づいて割り当てられている。別の専門家は、インド風水ヴァーストゥによれば、エネルギーのラインのネットワークは、地球全体をカバーしている、と述べる。このラインは、地球の中心に集中したエネルギーを地球上に広げる導管だという。

The center of the Vastu Purusha Mandala is always left empty, creating what is called the Brahmasthan. The Brahmasthan is the energy heart and lung of the house, and it should always be left open and free of obstructing elements. It is also best if this portion is in direct contact with the Earth and climate permitting, open to the sky so that the energetic space surrounding the Earth is attracted into the house. That’s why we see courtyards in the center of Indian homes and Indian temple design; the original examples of Vastu Shastra, forbids the actual use of the central space.
ヴァーストゥ・プルシャ・マンダラの中心は、ブラフマーの場所なので、常にオープンなままである。ブラフマーは、住宅のエネルギーの心臓部であり、肺であり、それは常にオープンなままで、かつ障害物があってはならない。この部分が、空に面することで、地球を囲むエネルギー空間が家にもたらされ、地球と気候に直接に接するなら、最高とされる。それが我々がインドの家庭やインドの寺院の設計の中心に中庭がある理由である。すなわち、インド風水ヴァーストゥはもともと中央の空間を用いない。

The intermediate directions occupy the corners of the rectangle; for example, Northeast is the corner between North and East. Each intermediate direction has a corresponding element: Northwest and air; Northeast and water; Southwest and earth; Southeast and fire. Space, of course, is in the center.
東西南北のそれぞれの中間は、長方形の一角を占める。例えば、東北は北と東の中間である。東西南北のそれぞれの中間は、5つの要素を意味している。すなわち、北西は風、北東は水、南西は地、南東は火、中央は空である。

Specific Vedic deities are also assigned to the cardinal and intermediate directions. For example, the north belongs to Soma, the lord of health and the southeast belongs to the deity, Agni. Agni symbolizes the sacred fire and so the southeast quadrant acts as a purifier.
具体的なヴェーダの神々もまた東西南北と中間の方位が割り当てられている。例えば、北は、健康の神ソーマに、南東は火の神アグニに属し、このためアグニは神聖な火を象徴し、浄化の役目を果たすと考えられている。

***************************************
次回は最終回。お楽しみに。
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

インド風水ヴァーストゥ ワンポイント・アドバイス

便器は、排泄する際に北か南のいずれかを向くように配置してください。

例外も含む詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス