2015年06月05日

ソフトバンク孫氏の後継者はインド人 (5)

ちなみに「Kendriya Vidyalayas」の教育目標は、次の通りです。

1. To cater to the educational needs of children of transferable Central Government including Defence and Para-military personnel by providing a common programme of education ;
2. To pursue excellence and set the pace in the field of school education;
3. To initiate and promote experimentation and innovations in education in collaboration with other bodies like the Central Board of Secondary Education (CBSE) and the National Council of Educational Research and Training (NCERT) etc. and
4. To develop the spirit of national integration and create a sense of "Indianness" among children.
5. To Provide, establish, endow, maintain, control & manage schools, hereinafter called the 'Kendriya Vidyalaya' for the children of transaferable employees of the Government of India, floating populations & others including those living in remote & undeveloped locations of the country & to do all acts & things vecessary for the conducive to the to the promotions of such schools.
1. 軍人・軍属を含む転勤の多いインド中央政府の公務員の子息に、そのニーズである標準的な教育プログラムを提供すること
2. 優れた教育に取り組み、そのさきがけとなること
3. 中等教育中央委員会(CBSE)や教育研究訓練全国評議会(NCERT)など他の機関と共同で、教育分野へ新しい取り組み(実験校のようなもの)とイノベーションを導入し、推進すること
4. 国民統合の精神を育み、児童生徒に「インド人であること」の意識を創造すること
5. 僻地などに転勤するインド政府の公務員の子息のために展開・維持しているKendriya Vidyalayaのために可能な限りのことをすること

4.のところでインド人としての意識が強調されています。日本の学校ではこういうのはあまりありませんよね。このように彼が高校1年まで通った学校はインド国民としてのアイデンティティーを強調する色彩の強いある意味インドの模範的な学校でした。