2015年05月11日

ついに日系企業も 〜軽自動車のスズキもインド風水ヴァーストゥを導入か〜 (3)

インドのTV9でも特集しています。



番組の構成は、アナウンサーがスズキのインド子会社マルチ・スズキの一連の騒動を紹介した後、同社からインド風水ヴァーストゥに基づいたアドバイスを求められているというSomayaji氏がスタジオに登場しています。

番組の概要は以下のようなものです。


****************************************************
TV9 Special: Maruti Suzuki Consult's Astrologer Somayaji To Correct Vaastu at Manesar Plant - 'Manesarnalli Vaastumantra' - Full………,
TV9特集:マルチ・スズキはマネサール工場をインド風水ヴァーストゥに沿うために占星術師のSomayaji氏にアドバイスを求める

Maruti India has seen some of the bad times at its Manesar manufacturing facility in Gurgaon, since a long-time. The situation is so bad that Maruti has postponed the launch of its upcoming new Alto 800 and Swift siblings are now commanding a longer-than-ever waiting period. Now, it has emerged that the popular car maker is resorting to vaastu correction process, to rid the plant of all negative energy.
マルチ・スズキは長らく、グルガーオン市のマネサール工場において、困難に直面している。状況は極めて悪く、ニューモデルである「アルト800」の発売は延期され、「スウィフト」の供給も滞っている。このため、インドの人気自動車メーカーであるスズキは、すべての負のエネルギーをその工場から取り除くために、インド風水ヴァーストゥを取り入れることが明らかになった。

On this regard, the company has contacted a vedic astrologer from Bangalore. And it is also suggested that extensive Puja be conducted after which the land will be rid of all negative energy which is causing catastrophic effects on the company's timely production, peaceful functioning and amicable relations between workers and management.
スズキは、バンガロールのヴェーダ占星術師に接触を図った模様だ。そこで広範なプジャ(ヒンドゥーの儀式)を行うことが示唆され、プジャの後はスズキの計画的な自動車生産、平和的な機能と良好な労使関係に破滅的な影響があるネガティブなエネルギーは取り除かれる、とされる。

Last year too, in 2011 similar situation resulted in tremendous loss and damage to company plant and this time round too Manesar employees are holding management at ransom which caused death of a senior official besides injury and bloodshed to employees. Maruti Suzuki has now declared lock out at the company plant due to which production of Swift hatchback and Dzire sedan have suffered immensely. The combined backlog for the two cars is over 1 lakh units and the waiting period per model is over five months.
2011年は同社工場にとって甚大な損失の年だった。続く2012年もマネサール工場の従業員は同社の経営陣を拉致するとともに身代金を要求し、この結果、同工場幹部の1人が死亡し、従業員の一部も負傷している。マルチ・スズキは、「スイフトハッチバック」と「Dzireセダン」の生産が非常に困難をきたしているため、同工場のロックアウトを宣言した。10万台以上の納車は5ヶ月以上待たねばならない。

A vedic astrologer from Bangalore, Deivajna K N Somayaji is expected to advise the management on vaastu of the Manesar plant. According to unconfirmed reports, the sprawling 600 acres of land on which the Manesar plant has been constructed, is said to have once served as a Muslim burial ground. Three temples, which existed in the 600 acres were demolished to set up the plant. However, there was no confirmation of this from Maruti officials.
バンガロールのヴェーダ占星術師であるSomayaji氏は、インド風水ヴァーストゥの観点でマネサール工場のマネージメントチームに助言することが期待されている。未確認情報によると、マネサール工場が建設された600エーカーの広大な土地はかつて、イスラム教徒の墓地だったと言われている。この土地にかつてあった3寺院もまた、工場建設の際、取り壊された。しかし、スズキ関係者からは確認が取れなかった。

Deivajna K N Somayaji remedy is that corrections in construction must be done to ensure that the problem does not spread to other units. He has held a few meetings with the company officials. Somayaji started his work on Sunday and is scheduled to visit the Manesar plant which is 17 km from Gurgaon for many more times to complete the job.
同氏の手法は、まず他の工場に波及させないことで、同社の幹部とはすでに数回の会合を持った。同氏は日曜日から仕事に取り掛かり、グルガーオン市から17kmのマネサール工場をこれから何度も訪問することになっている。

According to vaastu, Plant A is ok as it was doing considerably well and the company was raking in profits. But Plant B where labour issues and production related problems surfaced witnessed brutal violence resulting in a senior HR executive being killed and nearly 100 employees injured.
インド風水ヴァーストゥに基づくと、マネサール工場のA工場は問題なく、収益が良い。しかし、労働・生産問題等があるB工場では、人事担当の幹部が殺害され、約100名の労働者が負傷するという残忍な事件が発生した。

The latest problem is that more than the workers, it is the executives of Maruti Suzuki India Ltd who were injured in the 18 July assault by workers who do not want to come back to the car maker's Manesar plant. They are refusing to rejoin work, which is possibly delaying the resumption of production at the factory.
直近の問題は、労働者側ではなく、マルチ・スズキの経営陣だ。彼らは、マネサール工場での職務に戻ることに躊躇し、これが彼らは工場の生産再開を遅らせている。

Speaking about rejoining and starting work at Manesar, one of the officials said, "My parents are not in favour of me joining the company back. They are worried about my safety. I am happy to work at Gurgaon plant or even in Gujarat but not at Manesar. If I am forced to join work at Manesar, I will have to quit.”
マネサール工場での職務復帰についてある幹部は、「両親が私の身を案じて同社への復帰を望んでいない。私はグルガーオン工場かもしくはクジャラート工場でなら喜んで働くが、マネサール工場は嫌だ。もし、マネサール工場での勤務を強要されるなら、退職する」と述べている。


posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功