2015年05月29日

ヨガとインド風水は不可分の関係 (2)

ロサンゼルスのヨガ専門誌「LA Yoga」の記事を紹介する第2回目です。


*********************************************
History of Vastu Shastra
インド風水ヴァーストゥの歴史

Vastu probably predates the Vedas, going back as far as 7,000 years. The Vedas, considered to have no beginning and no end as well as no authorship, were vibrations from the universe picked up by the rishis (sages), the only mortals who had attained enough spiritual enlightenment that they could hear the pure vibrations of the universe. This is when the first oral transmission of vibrational qualities is thought to have occurred.
インド風水ヴァーストゥの起源は、ヴェーダ時代(訳者注:紀元前1500〜600年頃。日本でいうと縄文時代後期から飛鳥時代にかけて)よりも古い7000年前(訳者注:日本でいうと縄文時代前期)まで遡ることができるだろう。ヴェーダというのは、聖人たちによって明らかにされた宇宙のバイブレーションで、作者も終わりも所有者も何もないものだ。この聖者たちは、十分な悟りを開いた唯一の死ぬ運命にあるものたちで、宇宙の純粋なバイブレーションを聞くことができる。

The primal sound AUM, or OM as it is more commonly known, is what we today identify as our connection to the distant beginnings of the manifestation of sound on the planet. There is no real yoga class that does not invoke OM as part of the teachings and practices and means nothing less than the essence of the Supreme Creator, the coexisting breath of the Paramaatma, Brahman.
オームという呪文は今日では、地球における音の表れの遠い始まりと捉えられている。オームという呪文なくしては本当のヨガとは言えない。オームは、究極の創造主のエッセンスに他ならない。

Early on, the rishis had identified the five elements of space, air, water, fire and earth. Here, we are considering thousands of years of contemplation on the nature of existence, neither possible nor probable in the environment in which we live today. Yes, space was discerned as a subtle energy and dynamic element out of which all objects of nature come into existence and ultimately into which all disappear.
はじめに聖者たちは空、風、水、火、地からなる5つの要素を発見した。数千年も我々は我々を取り巻く環境の曖昧ではない存在の本質について考えてきた。そして、宇宙は自然界のあらゆる物質によって形作られ、そして消滅する微妙なエネルギーとダイナミックな要素で形作られていることが明らかになったのだ。

The rishis also determined that there is a higher Self (having heard the sounds of the universe, what would you expect?). In Hinduism this higher Self is referred to as ‘Brahma’ and there is ample mythology surrounding how Brahma first manifested. It may be metaphor, as is the case in every sacred scripture, but even today Brahma is used to denote the universal Self within all of us. The interconnectedness of all that is, “Tat Tvam Asi,” is a fundamental concept of all Vedic disciplines: Yoga, Ayurveda, Vastu, Jyotish (astrology), dance, art and music.
また聖者たちが発見したものの一つに、より高い次元の自己がある。ヒンドゥー教では、高い次元の自己をブラフマーと言い、どのようにブラフマーが生まれたのかについての沢山の神話がある。すべての神聖な経典と同じように、それは隠喩かもしれない。しかし現在でもブラフマーは我々すべての中にある普遍的な自己を象徴している。梵我一如(Tat Tvam Asi)と呼ばれる相互関連性の考え方は、すべてのヴェーダの規範、すなわちヨガ、アーユルヴェーダ、インド風水ヴァーストゥ、ジョディシュ、ダンス、芸術、音楽の基本的な概念だ。

Vastu actively considers how it is possible to bring Brahma to form. And, the first Vastu structures were Indian temples in which the intention was to realize and honor the universal Self on a physical plane. A lofty goal, to be sure, for what we today call architecture.
インド風水ヴァーストゥの中心的な教えの一つにブラフマー、すなわちより高い次元の自己をどのように形作るのかということがある。そしてそうした意図が実現でき、物理面で普遍的な自己を授ける点で、インドでは寺院がまず最初に来る。我々が今日、建築と呼んでいるものが、確かに一つの崇高な目標なのである。

The rishis also figured out that everything that exists is animated, alive, due to vibrational qualities. Even today scientists are still playing around with whether water molecules have specific vibrations. Wouldn’t this also apply to buildings? They exist, don’t they? If that is the case, then why not create dwellings that are perfect in terms of universal vibrations and which manifest all the aspects of the universe, based on the Supreme Self, the rising and setting of the sun, the influence of the planets and the aspects of the various deities?
また、他に聖者たちが見つけたことは、存在するものすべては振動の質によって活性化されるということだ。今日でも科学者たちは水の分子が特定の振動かどうか議論している。これは建物にもあてはまらないのか。それらは存在するのかしないのか。もしそうなら、個の根源、太陽の運行、惑星の影響と様々な神の要素に基づく宇宙の振動とその全ての要素を表す点で完璧な住宅を作らないのか?

*************************
次回もお楽しみください。
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2015年05月28日

インド風水ヴァーストゥ ワンポイント・アドバイス

トイレの色は明るい色が好ましいとされています。レッドやブラックは避けてください。

例外も含む詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2015年05月25日

首相だってインド風水

安倍首相の”盟友”インドのモディ首相。

昨年の演説で首相は、インド風水ヴァーストゥに言及しています。

首相がインド風水ヴァーストゥを信じ実践しているかはともかく、一国のトップが演説で言及するほど大衆に浸透している証。

インドではインド風水ヴァーストゥは普通の民俗文化です。怪しいカルト等ではないことはご承知おきを。

***********************************************
Vastu on lips, Modi takes India’s ‘ishan kon’ by storm


Guwahati: Prime Minister Narendra Modi borrowed heavily from Vastu Shastra as he termed the northeast, India's 'ishan kon' (the northeastern corner), and said the region must be taken care of to ensure the country's well-being.
ナレンドラ・モディ首相は、インド風水ヴァーストゥを借用し、「インドの北東地方はインドの"ishan kon(北東角)"であり、この地方がインドの繁栄のために必要である」と述べた。

Flagging off Meghalaya's first train and laying the foundation for the Bhairabi-Sairang broad gauge rail line in Mizoram here on Saturday, Modi resorted to ancient Indian design principles to highlight the northeast's importance in his government's scheme of things.
鉄道の開通式に臨んだモディ首相は、同政権の政策におけるインド東北部の重要性を強調するために、古代インドの建築設計の原則を用いた。

"Those who believe in Vastu Shastra know that the 'ishan kon' of a house should be taken care of. Likewise, the northeast should be developed for the progress of the country. The northeast (comprising eight states) is the 'Asta Lakshmi' (eight goddesses of wealth and prosperity). Proper connectivity and infrastructure will transform the northeast into a region of prosperity," Modi said.
「インド風水ヴァーストゥを信じている皆さんは、家の北東角がとても重要であることはご存知だと思います。同じように、我が国の発展のためには北東地方の開発が必要なのです。8州から成るインド北東地方は、富と繁栄を象徴する8つの女神である"アスタ・ラクシュミ"です。交通アクセスとインフラの整備はこの地方を繁栄へと導くことでしょう」とモディ首相は述べた。

He took a dig at the previous UPA government's 'failure' to capitalize on the northeast's potential.
同氏は北東地方の潜在力を強調しようと、前国民会議派政権の「失政」を非難した。

"When the right infrastructure is in place, development follows. South Korea transformed itself from a poor nation to a prosperous one because of adequate infrastructure. Here, in India, the Commonwealth Games held a few years ago brought shame and embarrassment," Modi said, referring to the CWG scam during the UPA's regime.
「インフラが正しく整備されるなら、発展が伴う。韓国が貧しい国から豊かな国に変貌したのは、インフラが適切だったからです。翻って、我が国は2010年に開催された英連邦の総合競技大会"コモンウェルスゲームズ"では失態続きでした」とモディ首相は述べ、インド国民会議派政権時のコモンウェルスゲームズで起こった問題に言及した。

"The whole of India will look at the northeast as a tourism destination if you have proper infrastructure in place. Youths from the region will no longer have to travel to other states for jobs. Prosperity will reign in the northeast. Connectivity via railways is high on our priority list. Hence, we have earmarked Rs 28,000 crore for various rail projects in the region," Modi added. He talked about creating information "highways", along with road highways, in the northeast to make "digital India" an all-encompassing and inclusive concept.
「もしインフラ整備が適切になされる長、インド全体が北東地方を観光地として注目するでしょう。この地方の若者はもはや職のために移住する必要はありません。北東地方は繁栄を謳歌できるのです。鉄道網の整備は、最も優先順位が高い政策です。したがって、様々なプロジェクトに多額の予算を計上しています」とモディ首相は付け加えた。同首相はまた、高速道路沿いに"情報ハイウェイ"を構築することにも言及した。

Apart from railway minister Suresh Prabhakar Prabhu, Assam chief minister Tarun Gogoi and his Meghalaya and Mizoram counterparts, Mukul Sangma and Lal Thanhawla, respectively, were present at the function.
この式典には内閣からは鉄道大臣などが出席した。

Assam governor J B Patnaik, Meghalaya governor Krishna Kant Paul, Union MoS for home Kiren Rijiju and Union MoS for sports Sarbananda Sonowal were also present at the event.
州政府からも知事などが出席した。

Modi flagged off the first passenger train from Mendipathar in Meghalaya by remote control from the North East Frontier Railway (NFR) headquarters at Maligaon in Assam. With this, Meghalaya entered the railway grid of the country. The Dudhnoi-Mendipathar rail line moves from Assam's Goalpara district to Mendipathar in North Garo Hills district of Meghalaya. Nagaland, Tripura and Arunachal Pradesh are already on the country's railway map, while work along the Jiribum- Tupul track in Manipur is on.
モディ首相は、一番列車の発車ボタンを押し、これによりメガラヤ州が国の鉄道網に入り、利便性が向上することになる。

In Mizoram, the 1.5-km, meter-gauge line up to Bhairabi is being converted. When completed, the Bhairabi-Sairang rail line will cover 51.38 km, touching Kolasib and Aizawl districts of Mizoram.

Modi said he wanted 100% private investment in the railway sector to improve and modernize its services in the country. "We want both horizontal and vertical expansion of railways to make this sector the backbone of our economy in a very real sense. We want private parties to invest in railway stations so that they have facilities and services at par with airports," Modi said here on Saturday. He said railway universities will be set up in four parts of the country to teach all aspects of the sector.
「我々は切に経済の屋台骨として鉄道を総合的に発展させたい。民間による鉄道駅への投資によって、これを空港並みの水準することを期待したい」と同首相は述べ、鉄道部門の改修と近代化のために民間投資が必要性を強調した。モディ首相はまた、鉄道大学を開設する旨も発表した。

******************************************************


posted by 多聞 望美 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 実践する有名人

2015年05月23日

多聞望美:自戒を込めて

自戒を込めて、日本の第一人者としてインド風水ヴァーストゥを広めるにあたり、次のことに注意しています。


まず、インド風水ヴァーストゥを占いとして広めてはいけない、ということです。本来の趣旨に反します。

次に、そもそもインド風水ヴァーストゥは開祖がいるわけでもなく、ましてや現在において教祖がいるようなものでもないので、そうした形で広まることを防がなければいけない、ということです。個人崇拝は本来のインド風水ヴァーストゥと何の関係もありません。

また、排他的なカルトや過度にスピリチュアルにしないことも大切です。カルトと一緒くたとされたくないですし、そもそも、いかなる宗教を信仰する人も、あるいは全く宗教を信仰しない人もインド風水ヴァーストゥは受け入れるおおらかなものです。ヒンドゥー教では仏教のお釈迦様もヴィシュヌ神の化身とされ、また、インド憲法!では仏教そのものがヒンドゥー教の一派とされ、受け入れているくらいですから(下に25条を抜粋します。2項B号に書かれていますよ)。

祭壇、偶像有りきではないことも忘れてはいけません。あっても別に構いませんが、もっと大切なことがあるはずです。

客観性や自己への批判精神の欠如も気をつけるべきです。同じ趣旨ですが、極めて偏った先入観、排他・独善性も危険です。

引用元への敬意の欠如や都合がいい資料だけ選り好みして結論に導くのも良くありません、、、

って、最近の私も少し当てはまるかも。皆さんも気をつけましょうねにこにこ


インド憲法第25条
Article 25 in The Constitution Of India 1949
25. Freedom of conscience and free profession, practice and propagation of religion
(1) Subject to public order, morality and health and to the other provisions of this Part, all persons are equally entitled to freedom of conscience and the right freely to profess, practise and propagate religion
(2) Nothing in this article shall affect the operation of any existing law or prevent the State from making any law
(a) regulating or restricting any economic, financial, political or other secular activity which may be associated with religious practice;
(b) providing for social welfare and reform or the throwing open of Hindu religious institutions of a public character to all classes and sections of Hindus Explanation I The wearing and carrying of kirpans shall be deemed to be included in the profession of the Sikh religion Explanation II In sub clause (b) of clause reference to Hindus shall be construed as including a reference to persons professing the Sikh, Jaina or Buddhist religion, and the reference to Hindu religious institutions shall be construed accordingly
posted by 多聞 望美 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月21日

ヨガとインド風水は不可分の関係 (1)

ロサンゼルスのヨガ専門誌「LA Yoga」の記事の要旨を4回に分けて紹介します。

この記事は何を言っているのかというと、「本来的なヨガを極めるには、アーユルヴェーダとインド風水ヴァーストゥも併用すべきではないか」ということです。

もう少し噛み砕くと、「本来、ヴェーダを含むインド哲学を具現化したもののひとつであるヨガは、それ単独では十分でなく、すべてのヴェーダの規範、すなわちヨガ、アーユルヴェーダ、インド風水ヴァーストゥなどととともに協働しなければならない」ということです。

うーん。これはすごく深い。そして、とても大切なことです。

これは、2005年の記事。つまり、日本は10年以上遅れているということでもありましょう。

***************************************************************************
Vastu 101
インド風水ヴァーストゥの基礎講座

Think back to a time when you walked into a room and immediately felt something was wrong. Or maybe you’ve had the experience of working in an office where no one could get along, or you or your co-workers were always getting sick. The ancient science of Vastu Shastra tells us that it might not be you that’s out of whack; it may be your space.
あなたが部屋に入り、すぐに何かが違うと感じた時のこと、あるいは、折り合いがうまくいかなかったり、同僚がいつも病気だったりする職場での経験を思い出して欲しい。古代インドの科学であるインド風水ヴァーストゥによると、その原因はあなた自身の調子のせいではなく、あなたのいる場所がいけないのだという。

Vastu means “dwelling, site or existence” and Shastra means “science.” Vastu Shastra is often referred to as the original green architecture. It can be esoteric, complicated, detailed, rigid and rule-driven. It can involve hard-to-understand grids and attributes of Vedic deities. Or it can be a sort of common-sense approach to designing space according to natural laws of nature. And, according to some, there’s a lot of superstition involved. All may actually be true.
“Vastu”の意味は、”住居、敷地、あるいは存在”を、”Shastra”の意味は、”科学”である(訳者注:インド風水ヴァーストゥの原語は”Vastu Shastra”)。インド風水ヴァーストゥは、しばしば、環境建築の原型と言われるが、難解、複雑、詳細、厳格、ルール駆動的で、理解するのが難しいグリッド(マス目)やヴェーダの神々の象徴でもあるかもしれない。あるいは、自然の法則に基づく空間をデザインするごく一般的なアプローチかもしれない。そして、沢山の迷信もあるのだろう。すべてはそういうことなのかもしれない。

Today, we all acknowledge that we have our own biorhythms and energy patterns. In Vastu, every building is considered to be a living organism possessing its own energy patterns or vibrations. The science of Vastu seeks to harmonize these patterns or energies so that the inner space of an individual and the outer space of the cosmos are in balance. On a very basic level, Vastu provides the means to adjust the vibrational frequencies within our homes and workplaces making it more likely we’ll find balance and harmony within them.
今、我々は、自分自身にはバイオリズムとエネルギーのパターンがあることを知っている。インド風水ヴァーストゥでは、全ての建物を、エネルギーのパターンかバイブレーションを持つ生きた有機組織と見なしている。インド風水ヴァーストゥの科学が目指すのは、こうしたパターンもしくはエネルギーの調和を通した、精神世界と外部世界とのバランスなのだ。非常に基本的なレベルで、インド風水ヴァーストゥがもたらしてくれるものは、住居と職場の周波数の調節なのであり、それによりバランスと調和が期待できる。

**********************************
次回もお楽しみに。
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

インド風水ヴァーストゥ ワンポイント・アドバイス

トイレは、建物の北西が最適とされ、西も可能です。トイレと浴室が一緒の場合も同様です。

一方、トイレの位置として良くないのは、私の書籍をご参照ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2015年05月18日

マイクロソフト社の最高経営責任者

マイクロソフト社の最高経営責任者でインド生まれのサトヤ・ナデラ氏(47)が2013年7月から14年6月に受け取った報酬は約90億円だったとの報道がありました。

彼がインド風水ヴァーストゥを実践しているかどうかわかりませんが、インド風水ヴァーストゥのおかげで移民から身を起こして今の地位を築いたのならとても夢がありますね。草創期のマイクロソフト社の社屋が偶然にもインド風水ヴァーストゥに沿っていましたが、何かとこの会社はインド風水ヴァーストゥに縁があります。

ナデラ氏は最近、女性技術者団体の会合で、キャリアアップを望む女性たちへのアドバイスを求められ、インドの「カルマ(業)」という言葉を使って、そのままやっていけば、組織は適切な昇給をもたらしてくれると信じるべきだと語ったといいます。加えてナデラ氏は、昇給を求めない女性たちには「自らに戻ってくる善行のカルマという形で超常パワー」が備わっていると語ったとされます(後に謝罪して撤回)。

「カルマ」というのは、決して怪しいオカルト用語ではなく、古代インドを起源とするバラモン教・ヒンドゥー教、そして、仏教の基本的概念です。もちろん、インド風水ヴァーストゥも含まれます。

ナデラ氏が、インド風水ヴァーストゥを実践している蓋然性は高いといえましょう。


posted by 多聞 望美 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | インド系の活躍

2015年05月16日

成功とインド風水

マイクロソフト社で昨年、スティーブ・バルマー氏の後任としてサトヤ・ナデラ氏(当時47歳)が同社3代目の最高経営責任者(CEO)に就任しました。ナデラ氏はインド生まれのインド系米国人です。

実はそのマイクロソフト社の成功にはインドが大きく関係しています。マイクロソフト社では、従業員が160人ほどしかいなかった1982年当時、インド系はわずか2人しかいませんでしたが、インド系の採用とともにマイクロソフト社の規模も拡大していきます。

インド系は数学が得意と言われています。同社のようなIT企業ではそれが一層優位に働くからで相乗効果もあったのでしょう。

米国ではIT業界に限らずインド系の進出が顕著です。金融業界、医者、会計士、自然科学分野の研究者といったところが代表でしょうか。

ところでマイクロソフト社の草創期、同社の社屋はインド風水ヴァーストゥに基づいていたのは有名な話です。そして、創業者のビル・ゲイツは、この後、世界一の富豪になったのも皆さんご存知の通りです。

インド風水ヴァーストゥがマイクロソフト社の成功にどれだけ影響があったかどうかはともかくとして、マイクロソフト社とインド、そしてもしかしたらインド風水ヴァーストゥはこれからも切っても切れない関係が続くでしょう。

http://www.huffingtonpost.jp/techcrunch-japan/microsoftceo_b_4726683.html?utm_hp_ref=japan
posted by 多聞 望美 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | インド系の活躍

2015年05月15日

ついに日系企業も 〜軽自動車のスズキもインド風水ヴァーストゥを導入か〜 (4)

80年代にいち早く進出して市場を開拓し乗用車でシェア4割のトップの地位を築いてきたスズキは、この2011〜2012年にかけてのこの騒動で大幅にシェアを落としました。韓国勢の追い上げもあったようです。

しかし、その後のスズキの業績は、インド風水ヴァーストゥの効果があったのかV字回復です。

2014年度の新車販売は、騒動前の2010年度を上回り、過去最高の129万2415台。前年比は11.9%増だそう。純利益も前年度の278億3100万ルピーに対して、33.4%の大幅増益を達成したそうです。

日本では軽自動車という地味なセグメントで勝負しているためあまり目立たないスズキですが、実は「重い」企業なのです。

インドは現在、人口12億。2028年には、中国を抜いて世界最大となると推定されています。また、日経によると、インドの自動車市場も2020年に600万台を超え、日本を抜き中国、米に次ぐ3位となる見通しだそう。

前途有望な市場の最強メーカーが、インド風水ヴァーストゥでさらに最強になったこの事実を皆さんはどう受け止めますか?

現世的に見れば、インド風水ヴァーストゥという民衆に根ざした文化を受け入れることに代表されるスズキの懐の深さが、インドでの躍進に現れているとも言えるでしょう。

いずれにしても、インド進出成功のカギはインド風水ヴァーストゥかも!?



関連リンク
https://www.youtube.com/watch?v=Yrek2Jo0SAY
http://response.jp/article/2015/04/28/250025.html
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NMKZNT6K50XT01.html
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1502/12/news170.html
http://jp.wsj.com/articles/SB12431244049710433766304580427522770282004
http://response.jp/article/2015/02/27/245344.html
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功

2015年05月14日

インド風水ヴァーストゥ ワンポイント・アドバイス

浴室の壁の色は、ホワイト、スカイブルーまたは淡い色合いでなければなりません。

ブラックやダークレッドは使わないでください。

例外も含む詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2015年05月11日

ついに日系企業も 〜軽自動車のスズキもインド風水ヴァーストゥを導入か〜 (3)

インドのTV9でも特集しています。



番組の構成は、アナウンサーがスズキのインド子会社マルチ・スズキの一連の騒動を紹介した後、同社からインド風水ヴァーストゥに基づいたアドバイスを求められているというSomayaji氏がスタジオに登場しています。

番組の概要は以下のようなものです。


****************************************************
TV9 Special: Maruti Suzuki Consult's Astrologer Somayaji To Correct Vaastu at Manesar Plant - 'Manesarnalli Vaastumantra' - Full………,
TV9特集:マルチ・スズキはマネサール工場をインド風水ヴァーストゥに沿うために占星術師のSomayaji氏にアドバイスを求める

Maruti India has seen some of the bad times at its Manesar manufacturing facility in Gurgaon, since a long-time. The situation is so bad that Maruti has postponed the launch of its upcoming new Alto 800 and Swift siblings are now commanding a longer-than-ever waiting period. Now, it has emerged that the popular car maker is resorting to vaastu correction process, to rid the plant of all negative energy.
マルチ・スズキは長らく、グルガーオン市のマネサール工場において、困難に直面している。状況は極めて悪く、ニューモデルである「アルト800」の発売は延期され、「スウィフト」の供給も滞っている。このため、インドの人気自動車メーカーであるスズキは、すべての負のエネルギーをその工場から取り除くために、インド風水ヴァーストゥを取り入れることが明らかになった。

On this regard, the company has contacted a vedic astrologer from Bangalore. And it is also suggested that extensive Puja be conducted after which the land will be rid of all negative energy which is causing catastrophic effects on the company's timely production, peaceful functioning and amicable relations between workers and management.
スズキは、バンガロールのヴェーダ占星術師に接触を図った模様だ。そこで広範なプジャ(ヒンドゥーの儀式)を行うことが示唆され、プジャの後はスズキの計画的な自動車生産、平和的な機能と良好な労使関係に破滅的な影響があるネガティブなエネルギーは取り除かれる、とされる。

Last year too, in 2011 similar situation resulted in tremendous loss and damage to company plant and this time round too Manesar employees are holding management at ransom which caused death of a senior official besides injury and bloodshed to employees. Maruti Suzuki has now declared lock out at the company plant due to which production of Swift hatchback and Dzire sedan have suffered immensely. The combined backlog for the two cars is over 1 lakh units and the waiting period per model is over five months.
2011年は同社工場にとって甚大な損失の年だった。続く2012年もマネサール工場の従業員は同社の経営陣を拉致するとともに身代金を要求し、この結果、同工場幹部の1人が死亡し、従業員の一部も負傷している。マルチ・スズキは、「スイフトハッチバック」と「Dzireセダン」の生産が非常に困難をきたしているため、同工場のロックアウトを宣言した。10万台以上の納車は5ヶ月以上待たねばならない。

A vedic astrologer from Bangalore, Deivajna K N Somayaji is expected to advise the management on vaastu of the Manesar plant. According to unconfirmed reports, the sprawling 600 acres of land on which the Manesar plant has been constructed, is said to have once served as a Muslim burial ground. Three temples, which existed in the 600 acres were demolished to set up the plant. However, there was no confirmation of this from Maruti officials.
バンガロールのヴェーダ占星術師であるSomayaji氏は、インド風水ヴァーストゥの観点でマネサール工場のマネージメントチームに助言することが期待されている。未確認情報によると、マネサール工場が建設された600エーカーの広大な土地はかつて、イスラム教徒の墓地だったと言われている。この土地にかつてあった3寺院もまた、工場建設の際、取り壊された。しかし、スズキ関係者からは確認が取れなかった。

Deivajna K N Somayaji remedy is that corrections in construction must be done to ensure that the problem does not spread to other units. He has held a few meetings with the company officials. Somayaji started his work on Sunday and is scheduled to visit the Manesar plant which is 17 km from Gurgaon for many more times to complete the job.
同氏の手法は、まず他の工場に波及させないことで、同社の幹部とはすでに数回の会合を持った。同氏は日曜日から仕事に取り掛かり、グルガーオン市から17kmのマネサール工場をこれから何度も訪問することになっている。

According to vaastu, Plant A is ok as it was doing considerably well and the company was raking in profits. But Plant B where labour issues and production related problems surfaced witnessed brutal violence resulting in a senior HR executive being killed and nearly 100 employees injured.
インド風水ヴァーストゥに基づくと、マネサール工場のA工場は問題なく、収益が良い。しかし、労働・生産問題等があるB工場では、人事担当の幹部が殺害され、約100名の労働者が負傷するという残忍な事件が発生した。

The latest problem is that more than the workers, it is the executives of Maruti Suzuki India Ltd who were injured in the 18 July assault by workers who do not want to come back to the car maker's Manesar plant. They are refusing to rejoin work, which is possibly delaying the resumption of production at the factory.
直近の問題は、労働者側ではなく、マルチ・スズキの経営陣だ。彼らは、マネサール工場での職務に戻ることに躊躇し、これが彼らは工場の生産再開を遅らせている。

Speaking about rejoining and starting work at Manesar, one of the officials said, "My parents are not in favour of me joining the company back. They are worried about my safety. I am happy to work at Gurgaon plant or even in Gujarat but not at Manesar. If I am forced to join work at Manesar, I will have to quit.”
マネサール工場での職務復帰についてある幹部は、「両親が私の身を案じて同社への復帰を望んでいない。私はグルガーオン工場かもしくはクジャラート工場でなら喜んで働くが、マネサール工場は嫌だ。もし、マネサール工場での勤務を強要されるなら、退職する」と述べている。


posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功

2015年05月07日

インド風水ヴァーストゥ ワンポイント・アドバイス

浴室は、北西がベストで、心身を清らかにします。建物の北や東側でもかまいません。

また、朝の太陽光が入る方位に窓があるべきです。

例外も含む詳細はAmazonの私の書籍でご確認ください。
posted by 多聞 望美 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンポイント・アドバイス

2015年05月06日

ついに日系企業も 〜軽自動車のスズキもインド風水ヴァーストゥを導入か〜 (2)

「日本のスズキ自動車がインド風水ヴァーストゥを実践している」。

インドで最も信頼できる新聞の一つで、世界第4位の発行部数を誇る英字新聞「ザ・タイムズ・オブ・インディア」でも、同様の記事を載せています。

やはり同紙に対してもコメントを拒否、すなわち否定も肯定もしていないところを見ると、相談したのは事実なのでしょう(大人の世界ではそう解釈するのが自然ですから)。

::::::::::::::::::::::::::::::
日本のスズキ自動車の現地子会社「マルチ・スズキ」が、自社工場での暴動に対処するため、インド風水ヴァーストゥに助けを求めたようだ。

「ザ・タイムズ・オブ・インディア」の取材に対し、マルチ・スズキは回答を拒否しているものの、同社はインド風水ヴァーストゥに詳しいあるインド占星術師をこの工場に招き入れ、アドバイスを受けた模様だ。

「暴動がこれ以上拡散しないためにも、この工場は”修正”が必要だ」とこの占星術師はいう。

このスズキ自動車の現地子会社は回答を拒否しているが、今は緑で覆われた広大なこの工場の敷地にはかつて墓地があり、3つあった寺院は工場の建設に伴って取り壊されたという。

「インド風水ヴァーストゥによる”修正”の過程では、この土地の”全てのネガティブなエネルギー”を大規模な儀式によって取り除かなければならない。この儀式の後2〜3週間経過しないと、この土地の”全てのネガティブなエネルギー”は取り除けない」と先述のアドバイザーは述べた。

3つに区切られていた数年前までは全てがうまくいっていた。A工場は非常に順調で会社は利益を上げていた。ところが、B工場で問題が発生した。労働問題と生産上の問題が表面化したのだ。2012年7月初旬、この工場では幹部1名と工場労働者約100名が負傷する暴動が発生した。これはスズキが1983年にインドで事業を開始して以来、最悪の事態だった。

この暴動の影響で、同社はこの工場をロックアウトした。この工場で生産するスイフトなどの人気車種に深刻な影響が出るだろう。暴動前からの供給不足にさらに拍車がかかるのは間違いない。

posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功

2015年05月05日

ヨガのインストラクターの皆さん

ヨガのインストラクターの皆さん。レッスンにインド風水ヴァーストゥを取り入れてはいかがでしょう。差別化が図られ、きっと注目されると思いますよ。

キーワードは、「朝の日光」と「東北」です。これはインド風水ヴァーストゥの基本原則です。

まず「朝の日光」については、ダイエット、睡眠、冬季うつ予防、適度な日光浴に効果があります。

「東北」については、消化、休息、排泄について効果が考えられます。

すなわち、ヨガ X ヴァーストゥ(Yoga X Vaastu)です。

ヨガには、その名も太陽への挨拶を意味する「スリヤ・ナマスカール」というプラクティスもあります。お試しあれ。
posted by 多聞 望美 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ

2015年05月04日

ついに日系企業も 〜軽自動車のスズキもインド風水ヴァーストゥを導入か〜 (1)

業績が絶好調の自動車大手のスズキもインド風水ヴァーストゥを導入しているようです。

きちんとした海外メディアの取材に対して、同社は否定も肯定もしていないところをみると信じるに足る蓋然性は高いでしょう。

このニュースは、ドイツの国際公共放送である「ドイチェ・ヴェレ」のもの。日本でいうと、「NHKワールド」に相当する放送局です。

すでにインドに進出している企業、あるいはこれから検討している企業は、インド風水ヴァーストゥを少し気にされてもいいかもしれませんね。少なくともインド風水ヴァーストゥはインド人との会話のネタになることは間違いありませんよ。

以下、要約してみました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
日本の自動車メーカーが、インドの占星術師の助けを求める

maruti suzuki.jpg










スズキ自動車のインド子会社は、同社の主要工場で発生した一部幹部を死傷させた暴動の解決のために占星術師に助けを求めた。

バンガロールの占星術師でインド風水ヴァーストゥ専門家でもあるSomayaji氏はメディアに対して、インド最大の自動車メーカーで日本のスズキ自動車の子会社であるマルチ・スズキが、同社のマネサール工場での暴動を解決するために彼を雇用した、と語った。

同氏によると、インド風水ヴァーストゥに基づくなら、同工場の基本的な建築には欠陥があり、同社全体に暴動が波及しないよう”修正”が必要だという。

「ヴァーストゥシャーストラ(インド風水ヴァーストゥ)」は、サンスクリット語で「建築の科学」を意味する。これは中国の伝統的な風水と同様、建築物のエネルギーの流れに関する古代のヒンドゥー教の考え方だ。これまでは、古代の寺院や他のヒンドゥー教の構造物で使用されてきたが、現在ではインド風水ヴァーストゥシャーストラの原則にそった建築物は、それを使う人々に幸福と繁栄をもたらすのだと多くのヒンズー教徒によって信じられている。

マルチ・スズキは、1980年代の生産開始以来、インドの大手自動車メーカーの一つとなっているが、ここ数年、労働問題に悩まされてきた。前年のマネサール工場でのストライキでは、同社の生産が影響を受けた。

賃上げを求めた別のストでは工場の一部が放火、工場幹部は襲撃され、ゼネラルマネージャーが焼死したと伝えられている。

同社は、すぐさま年間生産能力55万台のこの工場を無期限でロックアウトした。このロックアウトによる同社の損失は、1日あたり1500万ドルと見積もられている。

マルチ・スズキの本社は、同社が占星術師に助けを求めていたかどうかについてのドイツの国際公共放送「ドイチェ・ヴェレ」が行った取材に対し、コメントを拒否した。しかしSomayaji氏は、既に同社幹部と既に接触し活動を始めている、と語っている。同氏はまた、アドバイスするためには、何度も工場に赴いて詳細を調査する必要がある、と述べた。

カルカッタの別のインド風水ヴァーストゥの専門家は「ドイチェ・ヴェレ」に対し、工場の敷地は「負のエネルギー」を持っている可能性が高い、と言っている。

「インド風水ヴァーストゥに基づくなら、工場の負のエネルギーは特別な祈るの儀式(pujas)と火の儀式で中和されなければならない。風と朝の日光がこの工場に十分な正のエネルギーをもたらしていないのではないか。したがって、主要な建物の特定の面に入り口をより多く設けなければならない。この工場がそのように”修正”されるなら、幸福と繁栄が取り戻されるだろう」と同氏は述べている。

一方、インド科学合理協会の会長のGhosh氏は、占いに救いを求めるような会社とその幹部は自らを教育を受けた人とは呼んではいけない、と批判した。

「同社の技術者や経営の専門職の人々が迷信にすがったのは衝撃的なことだ。これらの愚かな人々が会社を動かしていくのは許されざることで解雇されるべきである」と同氏は「ドイチェ・ヴェレ」に語った。

**************************************************
これらは2年前の記事です。その後の同社は絶好調。経済成長が続く世界6位の自動車大国インドでシェア4割を握り、競争が激化する環境下でも外資系ながら第1位の自動車メーカー座を維持しています。
http://mainichi.jp/select/news/20150118k0000e020101000c.html
http://response.jp/article/2015/02/13/244193.html
別の州には、新工場の建設も着手しています。
http://response.jp/article/2015/01/29/242850.html
posted by 多聞 望美 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功

2015年05月03日

女性だけじゃない!男性も注意すべき「紫外線対策」

Yahoo!のトップページに「女性だけじゃない!男性も注意すべき「紫外線対策」」という記事が載っていました。

これこそインド風水ヴァーストゥの大きなメリットの1つです。

posted by 多聞 望美 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康